ようこそ
 辻本のページへ。
「城の見える町から」
(1999.08.18開設)
(2001年3月リニューアル)
(2004年1月リニューアル)
(2005年1月タイトル変更)
「港の見える街から」に
(2013年1月 横幅をワイド化)
(2013年2月 サーバ移転


Home

▽お城めぐり

▽日本の あちこち

▽Macのある生活

▽ 好きなもの色々
  塔が好き(三重塔)
 Up
  
塔が好き(五重塔) 
  彫刻が好き 

▽リンク

▽過去の日記


ご意見、ご批判
励ましのお便りは
こちらへ



(辻本の他のページ)
スイス鉄道の 旅
クッ クの時刻表が好き





2016年12月23日更新

このサイトはFirefox43.0.4、
ウィンドウ幅960 ピクセルで
最適化されています。
--------------------------
← 辻本の別サイト →


2016年10月9日更新


★2017年4月12日(水) 桜花爛漫の金沢
 先週末、 金沢へ行ってきました。桜を見るのが目的です。今年の桜は開花が遅めだったので、見ごろには早すぎたか なと心配していましたが、4日に開花宣言が出されると、一気に開花が進み、8日に満開。ちょうど花の盛 りを見ること出来ました。
 金沢には何度も訪れていますが、こんな光景は初めてです。まず、定番中の定番だけ紹介します。

 上は犀川右岸。桜橋から下流側を見たところ。奥が犀川大橋です。右は金沢城の石川門前。下は兼六園の 眺望台からの夜桜。桜の見ごろに合わせて兼六園は無料公開になり、ライトアップが行われています。下の 右 は尾山神社近くの小公園。
★2017年4月2日(日) 香川県の五重塔
 香川県に は五重塔のあるお寺が4か所あります。そのうち善通寺はすでに訪問しているので、今回、他の3か所を訪 ねてきました。
 上の写真は高松市の法然寺。 歴代の高松藩主・松平家の墓があり、寺の名前より、山号の仏生山のほうで知られているようです。五重の 塔は、初代藩主の松平頼重が計画しながらも果たせず、頼重の死後300年以上たった2011年に建立さ れました。藩主らの墓所へ登る道の途中から見た風景は池とピラミッド形の山(日山、192m)を背景に して美しいです。
 東さぬき市の志 度寺は、境内に樹木が多く、塔の写真は省略。右の写真は三豊市の本 山寺で、五重の塔の解体修理中でした。残念。またの楽しみに。
★2017年3月13日(月) 神戸にクイーン・エリザベス号
 13日、 神戸に豪華客船「ク イーン・エリザベス」がやって来ました。世界一周クルーズの途中、午前6時に接岸し、午後 8時に出港。韓国・釜山まで1週間のミニクルーズを行うとのこと。出港風景を見に行きました。
 接岸場所は新港第4突堤(ポートターミナル)です。全長294m、90,400トンという巨体は、間 近で見るとマンションのようでした。
 出港時には楽団演奏に花火打ち上げのサービスもありました。上は岸壁を離れた直後。下はゆっくり回頭 して、ほぼ真横を向いたところです。
 ターミナルでは、英国リバプールで、クイーンエリザベス、クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリ アが並んだ写真が展示されていました。
★2017年3月5日(日) ニコンミュージアム訪問
 東京・品川にある、ニ コンミュージアムへ行ってきました。2015年10月17日のオープンから、ずっと気に なっていましたが、やっと訪問することができました。
 入口近くでは創立100周年記念企画展として「植村直己 極地の撮影術」の展示があり、話に聞くだけ だった特注品のF2チタン・ウエムラスペシャルも並んでいました。ここは撮影禁止だったのが残念。
 続く「映像とニコン」のコーナーは、最初のカメラ「ニコンT型」(左の写真)から最新機種まで約 450機種が並んでいて、壮観です。
 おみやげにキーホルダーを購入。左からDF、F2A、EMです。F2AとEMはモードラ付きです。
★2017年2月18日(土) チョコレートが好き
  今年もチョコレートをもらいました。
 上はモロゾフの 「The Chocolate」。全国展開しているモロゾフは、1931年に神戸で生まれた長い歴史を持つ会社です。そして創業の翌年、1932年には、日本で初め てバレンタインチョコレートを発売しています。「日 本のバレンタインデーはモロゾフから始まりました」という同社のホームページでは、 1936年2月12日の英字新聞に載せた広告が紹介されています。

 右はルタオの「プチショ コラ・ストロベリー」。ルタオは1998年に北海道・小樽で開業した洋菓子店で、創業時からのチーズ ケーキ「ドゥーブル・フロマージュ」が有名です。
 小樽の本店は高い塔のあるユニークな建物で、店名のルタオとは、「親愛なる小樽の塔」を意味するフラ ンス語「La Tour Amitié Otaru」の頭文字を並べた上で、「オタル」にちなんだ名前になるようにアレンジを加えたそうです。本店の周囲には観光施設も集まっており、グーグル・ ストリートをみると、多くの観光客で賑わっています。
★2017年2月7日(火) セイコー個性ある腕時計
  SEIKO(セイコー)の古い腕時計3個の電池を、久しぶりに交換し、現役復帰させました。いずれも個 性的なクオーツ時計です。
 写真の真ん中は、1983年9月に購入した「スピードマスター」。ジウジアーロさんがデザインした機 種として有名です。
 右は1984年12月に買った「クルージング」。ムーンフェイズのついた7A48キャリバー搭載機。
 左は2005年にオークションサイトで入手した「プレサージュ」。1991年ごろの発売で、この機種 は裏蓋のシリアルナンバーから97年3月の製造と思われます。独特のデザインで、1400年から 2400年まで1000年間調整不要の万年カレンダー搭載機です。
 クオーツ時計の数少ない欠点は、電池交換の手間が必要ということです。これまでは時計屋さんに依頼していましたが、年を経て防水機能に完璧さを求めるこ ともなくなったので、自分で交換してみることにしました。
 左の写真の奥にあるのが、裏蓋を開ける器具。ネジを回して爪の幅を調整し、裏蓋の窪みに合わせます。 スピードマスターとクルージングはネジ式の裏蓋なので、これが使えます。プレサージュははめ込み式なの で、今回は時計屋さんに任せました。