ようこそ
 辻本のページへ。
「城の見える町から」
(1999.08.18開設)
(2001年3月リニューアル)
(2004年1月リニューアル)
(2005年1月タイトル変更)
「港の見える街から」に
(2013年1月 横幅をワイド化)
年 2月 サーバ移転
年3月 カウンターリセット)


Home

▽お城めぐり

▽ 日本の あちこち
  木 次線&芸備線の旅  New!

▽Macのある生活

▽ 好きなもの色々
  
マツダが好き
  塔が好き(三重塔)

  塔が好き(五重塔) 
  橋が好き

▽リンク

▽過去の日記


ご意見、ご批判
励ましのお便りは
こちらへ



(辻本の他のページ)
スイス鉄道の 旅
ヨーロッパ鉄道の旅
クッ クの時刻表が好き

 



2022年4月25日更新

このサイトはFirefox54.0.1、
ウィンドウ幅960   ピクセルで
最適化されています。
--------------------------
← 辻本の別サイト →


2022年7月13日更新


★2022年 12月1日(木) ネッ ト時代以前の情報源  ぴあMAP文庫 地図が好き(9)
 イン ターネットが普及していなかった1980年代、街歩きのガイドと言えば、ぴあMAPがありました。これは通常の雑誌サイズで、持ち歩きには不便だったの で、小型の「ぴあMAP文庫」を愛用していました。
 上の写真の一番左、1986年2月1日発行の「ぴあMap文庫'86」が、その第1号です。最初は東 京エリアだけでしたが、その後、大阪なども発行されました。上の写真はいずれも東京エリアですが、タイ トルは92年と2008-09年が「首都圏版」、1996-97年と2000-01年は「東京・横浜」 となっています。

 左は96-97年版の新宿東口の地図。文字が小さいですが、美しい地図ですね。掲載している情報は、 映画館、ホー ル・劇場、書店、画廊、プレイガイド、CDショップ、カラオケ店、ゲームセンター、コンビニ、ファース トフードなどなど。凡例は このとおりです。地図では 画廊・ギャラリーの多さが目立っています。特に画廊が多い銀座は、「銀座画 廊 map」が独立してい ました。
 一般的なガイドブックとの違いは、飲食店や物販店の情報がないことでしょう。表紙には「カルチャー& アミューズメントスポットアクセスガイド携帯版」とあります。都会では映画館や書店がビルの中にあるこ とが多く、スマホがなかった時代、こういう地図は本当に有益でした。
 左の写真 は86年版の新宿東口。96-97年版と比べると情報量が少ないですね。コンビニのマークがありま せん。右は08-09年版で、新宿東口が2枚の地図にわかれるなど、掲載範囲が変わりました。縮尺が大き くなったこともあり、文字の密度は96-97年版より低くなっているように思えます。
 新宿東口では、この20年間でも町並みの変化はそれほどわかりません。でも西口は違います。86年 版には都庁もパークハイ アットもありません。96-97 年版でほぼ超高層ビル は出そろい、08-09 年版では地下鉄大江 戸線も載っています。
 ぴあMAPが好きだったのは、鉄道と駅の情報が豊富だったから です。上の左は86年版の新宿駅で、上の右は08-09年版。この22年間で国鉄がJRになり、埼京線 のホームや新南口が出来ました。その後、新宿駅は更に変貌します。
 下の左は86年版の東京駅で、下の右は08-09年版。こちらは大きく変わっています。東北新幹線が 東京に乗り入れて日本橋口が新設され、改札内の「エキナカ」部分が広がって飲食店が増えました。
 また左は86年版の地下鉄路線図。山手線内に限った路線図ですが、乗り換え駅での各線の配置がリアル で、大変実用的な地図でした。92年版では半蔵門線が延び、96-97年版ではゆりか もめも加わりましたが、そ の後の版ではこのタイプの地下鉄路線図がなくなったのが残念です。
 08-09 年版の地下鉄路線図は この通り。一般的なタイプに近づきましたが、以前の面影もあります。JRや私鉄の路線図は、86年版、 08-09年版とも、文字がとても小さいです。
 86年版には、ターミナル駅だけでなく、地下鉄も含めた50駅の図解が載っており、96-97年版、 00-01年版にも51駅を掲載。しかし08-09年版は構成が変わり、独立した図解は17駅に減りま した。
 その代わり、08-09年版は飲食店や買い物の読み物情報が増え、一般的なガイドブックに近くなりま した。左は東京駅の丸の内方面の地図です。地図の中に写真が入り、飲食店やショップの名前も記載されて います。
 関連記事はこちらにあります。
様々なTimesAtlasでどれを選ぶか          地図が好き(8)(2022年9月17日)
パリの地図帳といえばルコント         地図が好き(7)(2021 年12月18日)
「日本大地図帳」とユーキャンの日本地図    地図が好き(6)(2021 年12月18日)
「世 界大百科 事典日本地図」のその後       地 図が好き(5)(2021年12月1日)
52年前の日本の姿「世界大百科 事典日本地図」 地図が好き(4)(2021年11月2日)
戦前旅行案内の決定版「日本案内 記」     ガイドブックが好き(9)(2021年6月25日)
「ミ シュラン レッド・ガイド」       ガイドブックが好き(8)  (2020年11月20日)
即位記念の1/1万地形図「東京 中心部」     地図が好き(3)(2019年11月7日)
100年前の日本の姿 大正7年版「鉄道旅行案内」 ガイドブックが好き(6)(2019 年6月29日)
カーナビ以前の道案内 39年前のミシュラン赤本 ガイドブックが好き(5)(2018 年6月27日)
「ミ シュラン グリーン・ガイド」       ガイドブックが好き(4)(2017 年12月2日)
Times Atlasが好き 地図が好き(2)(2015年9月15 日)
新しい「スイス公共交通地図」(「スイス鉄道の旅」2015年2月14 日)
パリの地図帳が好き 地図が好き (1)(2013年10月6日)
新しい1/1万地形図「松山」(2001年8月16日)

★2022年 11月7日(月) 美 作の国を、スローライフな列車で巡る
 時刻表 10月号で、木次線&芸備線の計画を立てていた時、ふと因 美線のページを見るとみまさかスローライフ」という列車が目に留まりまし た。普通列車で全車指定で「ノスタルジー 編成」。さらに途中駅の停車時間がやたらと長い。わざわざ到着時間の注記があります。
 調べてみると、2007年から春と秋に運行しているイベント列車だということがわかりました。途 中駅でイベントや物販があるようです。因美線は古い 駅舎が残っていることで鉄道ファンには 知られており、駅が好きな人間にとっては見逃せません。

 運行は11月5日と6日の土日のみ。さっそく予約してみると、5日(土)は満席。6日(日)を確保し ました。列車は津山–智頭間を往復しますが、全車指定は鳥取県に入った那岐まで。これは那岐で降りてイ ベントを楽しみ、帰りの列車に乗ってくださいという設定です。
 津山駅は 11:48発。姫新線に乗っていこうと思いましたが、その時刻にはたどり着けないので、神戸から車で往 復しました。
 最初の東津山では11分間、高野でも4分間停車。乗車券は100km未満なので、本当は途中下車でき ませんが、今回は駅前のイベントを楽しむ列車なので、JR公認で途中下車が可能です。
 美 作滝尾駅は、映画「男はつ らいよ」第48作のロケ地で、記念碑が建っています。列車にも寅さんご一行が乗り込んでおら れました。1928年3月の開業時からの駅舎のようで、国の登録有形文化財です。ここでは27分間停車し、ジャズバンドの演奏や獅子舞の披露がありまし た。ちらし寿司を食べ ました。
 美 作加茂駅では33分間停 車。加茂野菜の炊き込みご飯を食べ、パウンドケーキなどを買いました。