スイス鉄道の旅
2002.08公開

HOME
2002Top

Zeitplan
Wegplan

DFB
RhB
FO
Gotthard
GlacierExpress
GGB
BVZ
BLS
BOB,WAB,JB
Brunig
PB
RB
SBB

Lokomotive
Fahrplan
Souvenir
Tram

Link
Bucher

港 の見える街から
(辻本のホームページ)



レーティッシュ鉄道(RhB)
Rhatische Bahn



(ランドヴァッサー橋を渡るRhBの列車)

★スイス最大の私鉄

 RhBは路線延長が約415kmにも及ぶスイス最大の私鉄です。小規模な私鉄が多いスイスの中で、その規模は他社 を圧倒して抜きんでています。どうしてこのような鉄道が成立したのでしょうか。

 左は列車の窓辺のテーブルに描かれた路線図。
 今回乗ったのは、国鉄と接続し、RhB本社があるChur(クール)からSt.Moritz(サンモリッツ)に至る路線と、途中の Reichenau(ライヒェナウ)からDisentis(ディセンティス)でフルカ・オーバーアルプ鉄道に連絡する路線です。

 あわせて計約139kmで、路線全体のちょうど1/3です。

 RhBで最大の見どころは、St.Moritzからイタリア国境に向かうベルニナ線なのですが、ここに乗るためには、まるまる1日が必要です。今回は日 程上、あきらめざるを得ませんでした。
 そのかわり、氷河急行が走る区間にある名所のLandwasser Viadukt(ランドヴァッサー橋)は、往復2回通って来ました。このページのトップの写真です。「スイス鉄道の旅」の表紙に載せた写真は、上の写真の 直後のシーン。この区間は、氷河急行ではなく、一般の列車に乗ったので、窓が開き、反射のない写真を撮ることが出来ました。ただ、逆光だったので、出来映 えは今ひとつです。

★沿線風景

 さてChurで国鉄からSt.Moritz行きのRhBの525列車に乗り換えました。乗り換え時間はわずか3 分。地下通路を通って隣のホームへ。ちょうど行楽向きの時刻だったためか、何両もつないでいる列車はすでにほとんど満席状態。最初2等車をうろうろしまし たが、結局1等車で着席。しかし窓側には座れません。
  定刻の8:54から少し遅れて57分に発車。そのうちに下車する客がおり、うまくランドヴァッサー橋が見える進行方向右側の窓際席に座ることが出来ま した。

 2等車は通路の両側とも2人がけですが、1等は進行右側は1人がけです。ただし、日本のようにすべての席が進行方向 を向いているのではなく、1等も2等も向かい合わせです。
 それでも座面が前にスライドする形でリクライニングします。

 シートカバーの青い部分には「1.Klasse(1等)」と書かれています。他の私鉄では、ここに会社名が入っている場合が多く見られました。
 大規模な会社だけあって、沿線の駅もそれなりに立派です。(この区間は今回の旅では初日だったので、これが普通かなと最初は思いましたが、その後、フル カ・オーバーアルプ鉄道などを走ると、もっともっと小さな駅をいくつも見かけました。)
 どの駅も駅舎はあるものの、ホームは出入り自由。列車を降りた乗客は、駅舎に立ち寄ることなく、ハイキングへ、また駅前のバスへと向かうのでした。

 Churを出て約1時間、Filisur(フィリズール)駅の手前がランドヴァッサー橋です。地形図と風景を見比べながらその瞬間を待ちました。すると 思ったより手前から前方右手に橋が見えてきました。
 この橋がポスターなどの定番になり、スイスの鉄道を代表する名所になっているのは、高さ65mという石造りの堂々とした姿とともに、全体がカーブしてお り、走行中の列車からもその姿がよくわかるためでしょう。窓を開け、身を乗り出すように撮影しました。また沿線を注目してると、ランドヴァッサー橋ほどで はないですが、石造りの立派な橋を何度か渡りました。ただ直線の橋は、列車からは気が付かないのです。
 この橋が完成したのは100年近く前の1904年。6連アーチですが、列車からは6連と見分けるのは困難です。
 日本人観光客にも有名で、ネットを検索すると多くの人が紹介しています。ただ、「高さ65m」というのは共通していますが、長さは100mというが多い ようです。実際は長さは130m(136m?)で、100mというのは「曲線半径」のようです。

 【2005年7月31日・追加】ランドヴァッサー橋の長さについては、112mが正しいよ うです。スイスのすべての鉄道路線について、勾配や駅間距離、線路配置を記載した「Bahnprofil Schweiz / Le rail suisse en profil」という本には、40m以上の橋とすべてのトンネルが掲載されています。そこには112mとなっています。また、6連アーチというのは間違い で、正しくは5連。最長スパンは20mとのことです。
 【2005年9月6日・追加】その後、「Bahnprofil Schweiz」の前身でもある「Shienennetz Schweiz」という本を見ました。一覧表ではランドヴァッサー橋の「開口部」は5となっていますが、掲載写真を見るとやっぱりアーチは6連です。で、 その写真説明には「6つのアーチは正しく20mでそろっている。左岸側の最初のアーチは岩に支えられており、開口部の合計寸法(112m)の中には数えな い」みたいなことが書いてあります。よくわかりませんが、最初のアーチは岩壁から始まっているので、完全なアーチではなく、これだけ20mより短いので しょう。それはそれとしても、「開口部」はやっぱり6だと思うのですが……。

 Filisurを過ぎると、アルブラ越えの区間。1080mのFilisurから、どんどん標高を上げていきます。 しかし、他の私鉄と違い、RhBはラックレールを使わず、すべて粘着運転。このため、Ω型の曲線やループトンネルを使って、ゆるゆると高さを稼ぎます。こ れは、RhBが貨物運転も多いための方式だということです。典型的なのは、左の地図のように、Bergun(ベルギュン)からアルブラトンネル入り口の Preda(プレダ)までの区間です。

 上の写真の左のように、緑の草原の中、今まで通ってきた線路や、これから走る線路が右に左に現れます。ただし、列車からだと、風景の中に列車が写らない ので、写真としてはいまいちです。これが複線なら、対向列車が写る可能性もあるのですが……。やはり本格的な鉄道写真は、列車の外から写さないとダメです ね。
 上の写真の右側はループトンネルの部分。ちょっと道路が重なっていて見にくいですが、画面の上から来た線路が下へ吸い込まれています。

 トンネルを抜けるとSamedan。「サメダン」ですが、「サミィーダン」という感じです。St.Moritzに寄らずにベルニ ナ線方面へ向かう人は、ここで乗り換え。方向が変わるわけでもないのに6分も停車し、多くの人が降りました。向こうに停まっているのがベルニナ線の列車で す。
 上の写真で中央手前に写っているのは、辻本が乗った列車の車掌さん。発車前の確認をしているところ。ホームの時計からすでに発車時刻になっていることが わかります。実際は少し遅れて発車しました。

★St.Moritzで折り返し

 Samedanを出るとほどなく終着のSt.Moritz。到着は6分遅れの11:01。
 国際的に有名なリゾート地にふさわしく、時計台のある立派な駅舎です。しかし残念ながら駅舎改装中で、ホームからは工事中のフェンスに囲まれて駅前広場 へ出ました。広場も雑然としていました。

 St.Moritzの中心街で昼食をとったあと、約2時間の滞在で折り返し。駅の主要部分は切符売り場と案内の窓口が一つずつあるだけの小さなもの。こ こで、欲しかった公式鉄道地図(交通地図)を手に入れました。

 帰りも氷河急行ではなく、一般列車で同じルートを戻りました。上はBergunの手前のΩカーブの部分。右はランド ヴァッサー橋。トンネルを出てすぐの場面です。先の写真と画質が違うのはフィルムをスキャンしているためです。

 ReichenauでDisentis行きの各駅停車に乗り換え。同じように乗り換えたのは数人でした。
 18分の乗り換え時間を利用して駅舎の外へ出てみました。レストランの椅子とテーブルが目立っていますがお客はいませんでした。


Rhatische Bahn

最初の開業年月日

1889-10-09
(Landquart-Klosters)

全長

約415km

軌間

1000mm

最急勾配

70パーミル(ベルニナ線)

ラック型式

すべて粘着運転

ホームページ

www.rhb.ch/


レーティッシュ鉄道は、2005年の旅でもしっかり乗ってきました。
うまく写せなかったベルギュン・プレダ間の様子など
アルブ ラ線、ダヴォス線ベ ルニナ線アローザ 線を堪能してきました。
ランドヴァッサー橋を反対側から見た写真もあります。
ぜひそちらもご覧下さい。(2006.03.26追加


<<前のページ | 次のページ >>