スイス鉄道の旅
2002.08公開

HOME
2002Top

Zeitplan
Wegplan

DFB
RhB
FO
Gotthard
GlacierExpress
GGB
BVZ
BLS
BOB,WAB,JB
Brunig
PB
RB
SBB

Lokomotive
Fahrplan
Souvenir
Tram

Link
Bucher

港 の見える街から
(辻本のホームページ)



ピラタス鉄道 または ピラトゥス鉄道
(その1)




(岩山に張り付くようにして急な線路を走るピラタス鉄道の電車)

★ 世界一の急勾配

 Pilatus鉄道も今回の旅の主要目的地です。何と言っても「世界一の急勾配鉄道」です。これは欠かせません。 しかし、氷河急行、ユングフラウ、ゴルナーグラートという三大鉄道と比べると、日本人の姿はゼロに等しいと言えます。やっぱり鉄道ファンだけに有名なので しょうか。
 左の客船でLuzern(ルツェルン)から1時間20分、Alpnachstad(アルプナハシュタット)の桟橋に着きました。意外に時間がかかってい るのは、直行ではなく、途中で何か所も寄港しているからです。
 桟橋から地下道で幹線道路と国鉄の線路をくぐるとPilatus鉄道の駅ですが、その向かい、湖側には国鉄の駅もあります。右の写真ですが、普通列車し か停車しないため、ひっそりしています。

 対照的にPilatus鉄道の駅は賑わっています。駅の後ろに車両が見えますが、外形はまんまケーブルカーです。このためガイド ブックの中には、「ピラタス山へ登るケーブルカー」というように書いているものがありますが、あくまでもこれはケーブルに引っ張られるのではなく、自分自 身がモーターを回して車輪を駆動する電車なのです。
 最急勾配は、なんと480パーミル。つまり水平距離1,000mに対して480mも標高が上がるというもの。スイスの登山鉄道は日本と比べるとはるかに 急勾配ですが、それでも100-250パーミルで、このPilatus鉄道だけが飛び抜けています。もちろんラックレールを使っていますが、その型式は、 ラックレールの両側から水平の歯車二つが挟み込む「ロッヒャー式」で、スイスでは唯一の採用です。

 ということで、今回乗った鉄道の最急勾配とラック型式をまとめます。ユングフラウ鉄道はアプト式としていましたが、シュトループ式に訂正します

鉄道名
0/00
ラック形式

ピラタス鉄道

480

ロッヒャー

リギ鉄道・フィツナウ線

250

リッゲンバッハ

ユングフラウ鉄道

250

シュトループ

ヴェンゲルンアルプ鉄道

250

リッゲンバッハ

リギ鉄道・アルト線

200

リッゲンバッハ

ゴルナーグラート鉄道

200

アプト

フルカ・オーバーアルプ鉄道・支線

179

アプト

ツェルマット鉄道

125

一部アプト

ベルナー・オーバーランド鉄道

120

一部リッゲンバッハ

国鉄ブリューニク線

120

一部リッゲンバッハ

フルカ山岳蒸気鉄道

118

一部アプト

フルカ・オーバーアルプ鉄道・本線

110

一部アプト

レーティッシュ鉄道

70

なし

レッチベルク鉄道

27

なし

 これを見ると、最急勾配が200パーミル未満は、いずれもスイスパスがあれば無料で乗れます(フルカ山岳蒸気鉄道は特殊なので例 外)。一方、200パーミル以上になると、無料にはならず、割引きのみです。このため、スイスの登山鉄道とひとまとめにせず、無料で乗れるのは「山岳鉄 道」、そうでないのは「登山鉄道」と、分けて考えている人もいます。


 上はLuzernの交通博物館に展示されている1889年にPilatus鉄道が開通した当時の車両です。この時は電車ではなく、なんと蒸気機関でし た。右の写真は車両の右下部分を拡大したものですが、中央にある水平の歯車がわかるでしょうか。これがロッヒャー式です。

★ドラゴン伝説の山

 Pilatus山は、鉄道の開通年月でもわかるように、Luzern近郊の行楽地として古くから親しまれていま す。そのゴツゴツした姿は、Luzernの街からよく見えます。山の名前は、キリストを処刑したローマ人の総督、ポンティウス・ピラトゥスにちなみ、彼の 亡霊が各地をさまよった後に住み着いている「魔の山」として、長らく人が寄りつかなかったといいます。

 この写真は今回宿泊したホテルから眺めた朝の姿。デジカメの望遠でこれくらい大きく見えます。中央のピークがEsel(エーゼ ル)で2,119m、その右側の鞍部に白い小さなゴミのようなものが見えるのが、頂上の鉄道駅(兼ホテル)です。この写真で言うと、鉄道は山の向こう側に なります。鞍部右側のピークがOberhaupt(オーベルハウプト)で、2,106m。その向こう側、こちらからは見えない少し離れたところに Pilatusの最高峰で2,129mのTomlishorn(トムリスホルン)があります。

 ところで、ちょっと脇道にそれますが、Pilatusという地名は、日本語ではピラタスと書かれたり、ピラトゥスやピラトスとなったりします。ネットで 検索するとピラトゥス派が多いようですが、辻本はピラタス派です。というのは、長野県の蓼科高原に北横岳という山があり、高校の修学旅行で登ったのです が、そこに至るロープウェイが「日本ピラタスロープウェイ」という名前でした。もちろんその時、スイスにピラタスという山があるんだということを知り、そ のイメージが強いためです。(ちなみに、このロープウェイは現在は「ピラタス蓼科ロープウェイ」と名前が変わっています。)

 さてPilatus山は特徴的な岩山であることから、ドラゴンが住む山との伝説が生まれました。鉄道のロゴマークにもドラゴンが使われていますが、パン フレットやお土産品にも、漫画チックなドラゴンがあちこちに登場しています。
 上の写真はPilatus鉄道の窓口でもらったパンフレットの絵地図。無料のパンフにしてはよくできた地図ですが、所々に小さなオレンジ色の物体が見え ます。拡大したのが右側の写真。これはピーク部分の拡大ですが、ドラゴンが双眼鏡をのぞいています。ほかのドラゴンもいろんな格好をしています。それにし ても、このドラゴンは火を吐いていることから、ドラゴンというよりは、サラマンダー(火竜)かもしれません。
 またこのパンフレットの標高は、他のガイドブックや国土地理院の地図とは少し違っています。

 ところでPilatusは、乗り物ファンにとっては楽しいところで、登山電車のほかに船と大小2種類のロープウェイ が楽しめます。左の図はPilatus鉄道のHPから借用しましたが、このように周遊コースを造れるのが魅力になっています。

 今回は図の左方向から鉄道でやってきたので、Alpnachstadで降りればPilatus鉄道にすぐ乗り継ぐことが出来ます。しかしそれでは船が乗 れない上に、AlpnachstadからLuzernまでの鉄道線を乗り残すことになるので、いったん鉄道でAlpnachstadを素通りして Luzernに向かい、改めて船で戻ることにしました。
 Luzernの駅前にある湖畔の船乗り場では、周遊コースの切符が売っています。もっともVierwaldstattersee(フィーアヴァルトシュ テッテーゼー=四つの森の国の湖。長いので、通称Luzern湖)の船と、最後のKriens(クリエンス)からLuzernへ戻るトロリーバスはスイス パスなら無料なので、わざわざ周遊切符にしなくても同じなのかもしれません。でも、その都度切符を買う手間が省けると思い、周遊切符を頼みました。スイス パスを提示すると、窓口の女性は「船とトロリーバスの分は無料になってます」と言い添えてくれました。


<<前のページ | 次のページ >>