スイス鉄道の旅
2002.08公開

HOME
2002Top

Zeitplan
Wegplan

DFB
RhB
FO
Gotthard
GlacierExpress
GGB
BVZ
BLS
BOB,WAB,JB
Brunig
PB
RB
SBB

Lokomotive
Fahrplan
Souvenir
Tram


Link
Bucher

港 の見える街から
(辻本のホームページ)



フルカ山岳蒸気鉄道(DFB)
Dampfbahn Furka-Bergstrecke
(その3)


★Furka駅まで
 出発時刻は10:15だけど、少し遅れて10:23に発車。いちおう日本からメールで座席を予約してあったんだけど、特に座席番号はなかった。すでにド イツ人らしき観光客で窓側の席はすべて埋まっており、ずっと連結部分のデッキに立って写真を撮ったり景色をながめたりしていました。
 列車は右に左にとカーブを切りながら走っていきます。窓から顔を出している人も大勢います。左の写真はDFBのタイトルの下に使ったの写真の直後のも の。小さな橋のたもとには、カメラを構えたおじさんが立っています。わかるでしょうか。

 DFBは現在開通している12,891mのうち69.6%にあたる8,972mがアプト式のラックレールになってい ます。このため列車の速度もゆっくりです。機関車の性能としては、ラックレールで時速20km、粘着運転で時速45kmとなっています。

 しばらく行くと、見慣れぬ構造物をくぐります。列車に乗っているとわかりにくいですが、これはSteffenbach(シュテッ フェンバッハ)橋という鉄橋を、冬の間、取り外すための装置です。上部に滑車が付いています。このあたりは雪崩の常襲地帯であるため、橋は最初から3つの 部分に折り畳めるように設計してあります。滑車とワイヤーを使って中央部を折り畳み、雪崩の障害物にならないようにするわけです。
 やがて線路に側線が出来ると最初の停車駅Tiefenbach(ティーフェンバッハ)です。ここは標高1849m。Realp(レアルプ)が1546m なので、すでに303m登ってきました。ここで少し停車し、機関車は給水します。ほとんどの人が降りて見学。車掌さんは写真パネルを見せながらDFBの説 明をしていましたが、ドイツ語のためわかりません。なかなか名調子だったようで、終わると拍手が沸いていました。
 駅を出ると長さ54.4mのSteinstafel(シュタインシュタッフェル)橋にかかります(上右)。
 次の駅は峠のトンネルの入り口にあるFurka(フルカ)駅。標高は2163m。ここには駅舎があり、トイレとレストランがありました。ここでも説明す る車掌さんの回りにお客の輪が出来ています。

★ローヌ氷河とGletsch駅

 1874mのトンネルを4分19秒で抜けると、そこは標高2120mのMuttbach-Belvedere(ムットバッハ・ベルベデール)駅。右手に はGletsch(グレッチュ)からFurka峠へ登る道路のヘアピンカーブが見えます。峠はトンネルの上、標高2431mになります。そしてすぐにその 道路と平面交差。道路には遮断機はなく、信号機が付いていました。そしていよいよ沿線のハイライト、ローヌ氷河が見えてきました。

 写真で見ると今ひとつわかりにくいかもしれません。かつてはこの岩場がすべて氷河で覆われていたのでしょう。今は上の方に残って いるだけのようです。最上部が少し色が白っぽく、というか水色っぽくなっているのがわかるでしょうか。
 別のアングルでもう少しアップにしたのが下の写真です

 右上には峠に至る道路沿いにあるHotel Belvedereがあります。古くからローヌ氷河観光の拠点として有名なホテルです。
 列車はどんどん坂を下っていきます。右手にはローヌ川が流れる美しい谷間が広がっています。やがて前方にGletschの集落が見えてきます。

 何軒かのホテルが並ぶGletschに到着です。もう一度道路と平面交差すると駅です。
 ホームの横にはローヌ川が流れており、小さな鉄橋を渡ると駅舎があります。切符売り場の横に記念グッズの売り場があり、何点か買い求めました。これはお土産ページで紹介します。


Dampfbahn Furka-Bergstrecke

最初の開業年月日

1992-07-11
(Realp-Tiefenbach)

全長

12,891m

軌間

1000mm

最急勾配

118パーミル

ラック型式

一部アプト式

ホームページ

www.furka-bergstrecke.ch/


<<前のページ | DFB・01へ | 次の ページ >>