スイス鉄道の旅
2002.08公開

HOME
2002Top

Zeitplan
Wegplan

DFB
RhB
FO
Gotthard
GlacierExpress
GGB
BVZ
BLS
BOB,WAB,JB
Brunig
PB
RB
SBB

Lokomotive
Fahrplan
Souvenir
Tram

Link
Bucher

港 の見える街から
(辻本のホームページ)



フルカ・オーバーアルプ鉄道(FO)


Furka Oberalp Bahn
(その2)

2003年1月より「マッターホルン・ゴタルド鉄道」に。
Matterhorn Gotthard Bahn



(FOの列車から見下ろしたAndermattの集落)

★Andermattへ

 急なカーブを繰り返してどんどん下っていくと、眼下にAndermatt(アンデルマット)の町が広がっていま す。小さな町です。右手が駅。支線が右下方面へ別れていき、構内はなかなか広いです。画面の左端あたりが町の中心部になります。
 ようやくAndermatt駅に到着。Oberalppasshohe(オーバーアルプパスヘーエ)の手前のTschamut-Selva駅で対向列車 が遅れていたため約10分の延着でした。ホームは駅舎側の1線と島式ホーム1面2線。
 駅舎は近代的な感じで、あんまり風情はありませんでした。ここもReichenau駅と同じく、レストランのテラス席が設けてありましたが、閑散として いました。

★Oberwaldと自動車搬送

 7月24日は朝の9:40にAndermattを出発し、Realp(レアルプ)からDFBに乗りました。そしてGletsch(グレッチュ)から黄色 いポストバスに乗り継いでOberwalt(オーバーヴァルト)に着いたのは12:50。そのままFOに乗ってフルカ・ベーストンネルをくぐっていたら、 10:11に到着することになります。トンネルの時間短縮効果は絶大です。
 フルカ峠は道路もカーブが多く、特に冬季は通行が困難になることもあり、フルカ・ベーストンネルは自動車を貨車に積んで運ぶシステムが行われています。 スイスでは何か所かで行われていますが、ここではその様子を間近に見ることが出来ました。

 駅の表側にはこんなゲートが設けられています。車を貨車に積み込むには、右側のゲートから入るわけです。遮断機のところには、高 速道路のゲートのようにチケットの自動販売機のような仕組みがありましたが、この時は使われておらず、かわりに「チケットは駅の窓口で買ってください」の ような表示がありました。夏場はそれほど利用者が多くないのでしょう。

 ゲートをくぐった車はそのまま前方へ進むと、自然と貨車の横から乗り込むことになります。貨車には茶色い屋根がつい ています。この写真では車が2台見えていますが、貨車1両に数台くらい積み込めるようです。

 さて、この駅からは14:06発の氷河急行に乗り込みました。FOの路線はまだ続きますが、続きは氷河急行のページに。


Furka Oberalp Bahn

最初の開業年月日

1914-06-30
(Brig - Gletsch)

全長

約100km(支線含む)

軌間

1000mm

最急勾配

110パーミル(本線)

ラック型式

一部アプト式

ホームページ

www.fo-bahn.ch/


<<前のページ | 次のページ >>