HOME

2002年の旅
ゴッタルド線の旅

2005の旅 Top
行程記録
行程地図
ICN
Cisalpino
CisalpinoCanaletto
Goldenpass Panoramic
MVR-mtgn
Schynige-Platte
Centovalli
RhB・Bernina
RhB・Arosa
RhB・Albula&Davos

走破記録

港 の見える街から
(辻本のホームページ)

このサイトは
Netscape7.0
へた字12ポイントで
最適化しています




 CISALPINOでSimplon越え 
 チザルピーノでシンプロン越え(2005/07/12) 




(Domodossola駅に到着したCIS45列車)

★イタリア生まれの振り子式電車

 CISALPINO(チザルピーノ)とは、イタリア語で「アルプスのこちら側」という意味だそうです。その名の通 り、イタリアのMilano(ミラノ)を中心に、スイスとイタリアの諸都市を結んでいます。(一部はドイツのStuttgartへ)。スイス国鉄とイタリ ア国鉄の共同運行になっており、ネットには専用のサイトもあります。

 初代振り子電車として1988年にイタリアで誕生したETR450の流れを受け継いだもので、車両型式は ETR470となっています。車体の側面にも、チザルピーノのロゴとともに、型式が描かれています。デザインと製造はFIATです。
 純白の車体にブルーのストライプは大変美しく、イタリアデザインというよりは、フランスのエスプリを感じます。 

 さて今回は、7月12日(火)にSpiez(シュピーツ)からイタリアのDomodossola(ドモドッソラ)まで、8:09発のCIS45 列車に乗りました。
 シュピーツは小さな町ですが、ベルンやバーゼルからイタリア方面へ向かう幹線と、インターラーケン、ルツェルンとモントルーを結ぶゴールデンパス・ルー トが交差する交通の要衝なので、すべての特急列車が停車します。駅舎もクラシックな感じです。列車番号にはチザルピーノを示すCISの3文字が付いてお り、出発時刻表などでも目立っています。
 シュピーツとBrig(ブリーク)の間は2002年にも通りました。 この時は南から北に向かいましたが、今回は反対方向です。

 シュピーツを出発して約10分。鉄道写真撮影の名所であるKander Viadukt(カンデル橋)にさしかかります。
 橋は複線が別々になっており、車窓からは北行きの古い橋がよく見えました。これは1913年に開通し、全長265m。スパン25mのアーチが11連あり ます。
 列車が通っている南行きは、1981年に複線化された285mの新しい橋です。

 チザルピーノはICNの先輩にあたる振り子式電車です。ご覧の通り、しっかり傾いて走っています。シュピーツとブ リーグの間は、レッチベルクトンネルを含む山越え区間で、トンネル手前の連続ヘアピンカーブが有名です。(2002年のBLSのペー ジを参照)。
 今回も気を付けて見ていましたが、カンデル橋とは逆に、カーブは知らぬ間に通過していました。

 右手に自動車が屋根付きの貨車に乗り込んでいます。Kandersteg(カンデルシュテーク)駅も通過です。シュピーツからドモドッソラまで 114.7kmを、ブリークのみ停車で81分。表定速度は85.0km/hなので、それほど驚く速さではありません。レッチベルクトンネルの前後は22 パーミルから27パーミルの坂が連続するので、仕方ないのかもしれません。
 そのレッチベルクトンネルの入り口には、右の写真のような変なイラストが描いてありました。近づいてから気が付いたので、激しくぶれていますが、顔のよ うです。
 トンネルを抜けると、ローヌの谷が広がります。左の写真はVisp(フィスプ)の町です。正面の山間を進むとZermatt(ツェルマット)に至りま す。遠くには雪山が見えています。これはミシャベルと呼ばれる高峰群で、主峰のDom(ドーム、4,545m)は全体がスイスにある山の中では最高峰で す。2002年の旅では、反対側のGornergrat(ゴルナーグラート)からDomを眺めました
 ローヌの谷を見下ろしながら東へ走り、やがて右の写真のようにMGB鉄道の車庫が見えてくると、ブリークはもうすぐです。

★世界最長を誇ったシンプロントンネル

 ブリークの駅のことも2002年のBLSのページに書きました。あの時、ホームからシンプロントンネルが見えないのを残念に思いました。
 辻本が物心付いて乗り物に関心を持ったころ、世界最長のトンネルはこのシンプロントンネルでした。1906年に開通したシンプロントンネルは、全長 19,803m。1982年に上越新幹線の大清水トンネル(22,221m)が出来るまで、76年間も世界最長を保持していました。当時はゴッタルド・ト ンネルのことは何も知らず、日本最長だった北陸トンネル(13,870m)を6kmも上回るシンプロントンネルのことを想像していました。
 そんな有名なトンネルが目の前に迫ってきました。上の写真のように、ブリークからは緩い右カーブになっており、トンネルの入り口がしっかり見えます。

 トンネルは2本あります。右側は1921年の複線化で完成したシンプロンIIトンネルで、長さ19,823m。トン ネルの入り口はローマ建築のような立派なもので、「1921」と完成した年が大きく刻まれています。ゴッタ ルド・トンネルは、ローマ数字だったのに、こちらは算用数字。わかりやすいけれど、少し安っぽく見えてしまいます。
 列車は古いシンプロンIトンネルへ入っていきます。

 トンネルの中にイタリアとの国境があります。正確には、第Iトンネルだとブリーク側から9,068m、第IIトンネルは同じく9,089mの地点が国境 です。真ん中より少しだけスイス寄りです。その先はイタリアなのですが、現実的には、トンネルを抜けて約19km先のドモドッソラまで、スイスの切符で通 行が可能です。スイスパスも使えます。
 時刻表を見ると、CIS45列車の場合、ドモッドソラ>ミラノについては、「予約必須。追加料金必要」となっています。このため、今回もシュピーツを発 車後の検札で、スイスパスを見せると、「どこまで行くのか」と聞かれました。

 スイスの切符が使えるとはいえ、イタリアであることには間違いないので、ガイドブックなどには「パスポートを必ず持って乗ること」と書いてあります。今 回、トンネルの中だったか、抜けてからだったかは忘れてしまいましたが、警察官か軍人風の官憲が、列車の中を見回ってきました。ロンドンの地下鉄テロの直 後だったので、ものものしい雰囲気でしたが、パスポートの提示を求められることはなく、「出入り口のそばに置いてあるのは、お前の荷物か」とだけ聞かれま した。ただ、厳しく詰問されている乗客もいました。
 さて、チザルピーノの1等車も、ICNなどと同じく、2+1の座席配置で、向かい合わせが基本です。シートはICNの革張りとは違い、枕カバーは青色で す。これはこれで上品な感じがしました。中央のテーブルは、がっちりした作りです。
 ICNとは違って、肘掛けには、リクライニングのボタンや、オーディオのチャンネル、ボリュームボタンがあります。その上、窓の下にあるのは、ブライン ドの上げ下げボタン。テーブルの下には、コンセントが付いており、パソコンを使うのに便利です。

★イタリアの空気

  定刻の9:30にドモドッソラに到着しました。広い構内には、上 の写真のように、初めて見るイタリアの機関車や客車が並んでいました。空の青さも、気のせいかスイスとは少し違う気がします。

 シュピーツから乗車するとき、列車が入ってくる方向を勘違いしていたので、写真がまったく撮れませんでした。ドモ ドッソラでは列車は2分間停車するので、その間にしっかり撮影しました。このページのトップの写真のように、運転士はこの駅で交代するようです。
 駅舎もスイスとは少し違い、よく言えば庶民的、悪くいうと薄汚れた感じに見えました。

 ここでFARTの列車に乗り換え、スイスのLocarno(ロカルノ)へ向かいました。


<<前のページ | 次のページ >>