▽お城めぐり

▽日本のあちこち

▽Macのある生活

▽好きなもの色々

▽ リンク

▽過去の日記


<< 前月へ | 翌月へ >>

★2020年8月27日(木) 東急ハンズ三宮店 年内で閉店
 神戸の中心部、生田神社前にある東急ハンズ三宮店が年内で閉店することになりました。数日前に神戸新聞が報道し、26日に会社側も発 表しました
 自宅から近く、よく利用していただけに残念です。左の写真で、右の奥に鳥居が見えるのが生田神社で す。

 同店が開店したのは1988年3月。今回の閉店の理由として「 百貨店などの商業施設や専門店が多いJR線の南側に比べると、平日の日中の人通りが少ない」ことが上げ られていますが、これは当初からわかっていたことです。むしろ開店時には「三宮の人の流れを変えた」と 話題になっていました。当時、辻本は灘区に住んでいましたが、その頃のことをよく覚えています。
 確かに、東急ハンズは定価販売なので、割高感があることは否めません。しかし、物を吊すフックや、小 さなネジ類、接着剤などのちょっとした物を買ったり、ミリ単位で寸法を指定して木材を買ったりするな ど、ずいぶんお世話になりました。
 最近の同社は、駅ビルなどへの出店が多いとのことなので、来春オープンする阪急三宮の駅ビルに入って くれるとありがたいのですが・・・。
★2020 年8月18日(火) 西側タワークレーン撤去開始 神戸阪急ビル 定点観測 11
  2機目の西側タワークレーンが登場したのは昨年の10月。それが10か月で役目を終え、解体が始まりま した。塔屋部分の外装は、東側タワークレーンに任せるのでしょう。7日と比べると、塔屋部分の西端にガ ラスがはまり、展望階の上端が、垂直材(マリオン)と同じ色でカバーされました。展望階付近のアップ写真で、ディテールをご覧ください。 

 関連記事はこちらにあります。
展望階まで外観完成    定点観測10(2020 年8月7日)
鉄骨が最高部に到達    定点観測09(2020 年6月17日)
鉄骨は最上階へ        定点観測08(2020年6月5日)
オフィス階外壁完成    定点観測07(2020年5月11日)
カーテンウォール   定点観測06(2020年4月 10日)
鉄骨がホテル階へ   定点観測05(2020年3月 15日)
タワークレーンが上昇 定点観測04(2020年2月 11日)
鉄骨建ち上がる      定点観測03(2020 年1月8日)
タワークレーン2機目  定点観測02(2019 年10月27日)
タワークレーン登場    定点観測01(2019年9月14日)
神戸阪急ビル東館 建て替え始まる(2016年5月22 日)
神戸阪急ビル東館が営業終了(2016年1月15日)
★2020年8月10日(月) 「北海道限定」 を再び サッポロビールが好き(3)
 昨年3月、函館で買った北海道限定の「サッポロクラシック」。なぜか近所のコンビニにありま した。キャンペーン中かと思ったけれ ど、そうでもないみたい。とにかく買いました。
 同時に「サッポロラガービール」の缶ビールもありました。「黒ラベル」に対する「赤星」ですね。最 近、飲食店では「赤星」を出すところが増えているようでうれしいのですが、缶ビールは珍しいのではない でしょうか。
 「Discover Star Beats」というのは黒 ラベルのキャンペーン缶で、缶に貼ってあるQRコード を読み取って景品を狙います。
 さて 「サッポロクラシック」を手に入れて、函館で食べた「ラッキーピエロ」のハンバーガーを思い出しまし た。
 ということで、マクドナルドの期間限定「ガー リックシュリンプ」バーガーと、ポテトのMです。 数あるハンバーガー店のポテトの中で、マ クドのポテトはおいしい方だと思います。ハンバーガーについては、いまひとつのものもありますが、 「ガーリックシュリンプ」はおいしかったです。
 右の写真は日が暮れてから、ベランダでランタンの明かりを頼りに撮影。ちょっとだけ夏の夜の雰囲気が あるでしょうか。
 関連記事はこちらにあります。
ビヤホールの味 「達人の生」(2020年1月12日)
サッポロビールが好き(2019年6月22日)
★2020 年8月7日(金) 展望階まで外観が完成 神戸阪急ビル 定点観測 10
   鉄骨の組み立てが続いていた時は、頻繁に更新していたのですが、最後部 まで組み上がってからはちょっと更新をさぼっていました。
 その間に、ホテル部分の外壁を仕上げる作業がどんどん続き、昨日8月6日、ついに最上階29階の展望 フロアの窓ガラスがすべて取り付けられました。あとは塔屋を残すだけです。ホテル部分にはブルーシート が目立ちますが、これはベランダのガラス製手すりでしょうか。
 フラワーロードから見ると、すでに立派なランドマーク です。

 関連記事はこちらにあります。
鉄骨が最高部に到達    定点観測09(2020 年6月17日)
鉄骨は最上階へ        定点観測08(2020年6月5日)
オフィス階外壁完成    定点観測07(2020年5月11日)
カーテンウォール   定点観測06(2020年4月 10日)
鉄骨がホテル階へ   定点観測05(2020年3月 15日)
タワークレーンが上昇 定点観測04(2020年2月 11日)
鉄骨建ち上がる      定点観測03(2020 年1月8日)
タワークレーン2機目  定点観測02(2019 年10月27日)
タワークレーン登場    定点観測01(2019年9月14日)
神戸阪急ビル東館 建て替え始まる(2016年5月22 日)
神戸阪急ビル東館が営業終了(2016年1月15日)
★2020年8月3日(月) マスクのある生活は続く
 新型コロナウイルスの感染がまた広がっています。PCR検査を受ける人の数が、春先と比べて格段に増えたこともあるのでしょうが、「ウィズ・コロナ」の 時代になったことを実感せざるを得ません。マスクが手放せない日々が、当分続きそうです。
 そんな時、最初に申し込んでいたシャープのマスクが、第11回抽選で当選になりまし た。今ではネットで1500円前後でマスクが 買え、大阪の商店街では1000円以下でも売っている中、3000円もするマスクはずいぶん割高です が、話の種として、またコロナ時代の記念品として購入しました。
 SHARPのロゴが目立つシンプルな箱に、50枚のマスクが2つに分けて入っています。
 特徴はな んといってもマスクの表側に型押しされたロゴマーク。これはマスクの裏表を判別する指標にもなっていま す。
 ひもは細いタイプですが、取り付け部は入念に加工されています。生地はツルツルタイプではないので夏 向きではないけれど、ノーズフィッターはしっかりしており、装着感は悪くはありません。
 また、 ついうっかりとマスクを着けずに外出してしまった時のために、カバンや車の中に常備しておくマスクとし て、個包装のタイプも買いました。中国製のブランド不明ですが、紐は幅広タイプで、装着感はまずまずで す。
 下は、マスクケース。食事をするときに外したマスクを入れるためのものです。倉敷の「ア モルフ」という文具工房の 「真救(ますく)キーパー」です。三つ折りになっていて マスクをはさむだけのシンプルな構造。 マスク表面に触れず、紐だけもって収納が可能です。小学生の持ち物のように、名前を書くネームタグがつ いているのが可愛いです。
 関連記事はこちらにあります。
マスクのある生活(2020年5月29日)
★2020年7月15日(水) 新旧交代(運転用眼鏡のレン ズ)
 7月12日(日)、運転時に使っている眼鏡を落としたら、右側のレンズが見事に割れてしまいました。近視用でかなり度が強いので、ガラスレンズでした。
 フレームはニコンの「スポーツフレーム140」。写真ではわかりませんが、ツルの耳の部分に穴が開い ていて、ベルトなどをつけることが可能です。最初に買ったのは1984年3月で、その後、破損したため 93年8月に同じものを買い直し。それ以来ずっと使っています。
 レンズは2004年12月に両眼とも作り直し。さらに09年9月に片方を新調しています。

 2004 年にレンズを作るとき、プラスチック製も検討したのですが、当時はプラスチックだと度の強いレンズは大 変分厚くなり、あきらめました。
 今回はプラスチックレンズの性能も向上しているので、両眼ともプラスチック製に交換しました。鼻にあ たる部品も新品になりました。
 透明感はほんの少し劣る気もしますが、圧倒的に軽くなったことで、十二分に満足です。普段は本や新 聞、パソコン画面を見るためにもう少し度が弱くて軽い丸眼鏡をかけているので、かけ替えたときの違和感 も減りました。 

<< 前月へ | 翌月へ >>