▽お城めぐり

▽日本のあちこち

▽Macのある生活

▽好きなもの色々

▽ リンク

▽過去の日記



★2018年10月26日(金) 「平成時 代最後」のCDプレーヤー
 今年1月 に、アナログレコードの復権に続いて、カセットテープも注目され始めていると書きましたが、今やCDも過去のメディアだという声も聞 こえています。
 もちろん、CDは現役のメディアなんですが、音楽CDは購入してパソコンに取り込むと、あとは棚で 眠ったまま・・・という人が多いそうです。確かにそうかもしれません。そんなCDを、回っている状態を 確かめながら音楽を楽しもうというプロジェクトが、左の写真。

 Amadana Music CDプレーヤー「C.C.C.D.P.」です。AVウォッチの紹介記事を見て、プロジェクトのページを開きました。クラウドファン ディングで製作するようです。CDが過去 のメディアかどうかはともかく、プレーヤーは美しいです。そして先着200人は約25%オフの 9,800円とのこと。しばらく迷っていましたが、どんどん支援者(購入者)が増えていくので、思わず ポチってしまいました・・・・・・。届くのは来年3月です。
★2018年10月25日(木) 続々・ Dfに似合うレンズ  AF Zoom-Nikkor 24-85mm F2.8-4D(IF)
 久しぶり ですが、「Dfに似合うレンズ」です。今回も絞りリングのあるDタイプレンズで、24-85mmの F2.8-4Dです。右の写真は前回紹介したDタイプ3本と一緒に並べたところで、右から2番目がこの レンズ。長さは左隣の28-105mmとほぼ同じで、明るい分だけ太くなっています。
 1/2倍までのマクロ撮影が可能なところも、28-105mmと似ていますが、広角側が広い点で、旅 行向きです。今年2月のイタリア・フランス旅行は、このレンズ1本だけを持って行きました。
 上はヴェ ネチア、リアルト橋近くの大運河です。データは、24mm、ISO1600、絞り優先、f2.8、 1/4000秒。カメラを傾けなければ、建物のゆがみも目立ちません。
 右はサンマルコ広場近くの路地で。データは、85mm、ISO800、絞り優先、f4、1/1000 秒。小さいサイズではそれほどわかりませんが、拡大すると背景はそれなりにボケています。もうちょっと 単純な背景があれば良かったところです。

 同じ場所から撮影した画角の違いは、下の2枚の写真を見てください。ローマのフォロ・ロマーノです。
絞り優先AE、1/1250秒、f2.8、ISO400、+1補正。
24mm。ノートリミング。
絞り優先AE、1/500秒、f4、 ISO400、+1補正。
85mm。ノートリミング。
 85mm はボートレート撮影向きの焦点距離なんですが、f4だと、背景はそれほどボケてくれません。左はパリ・ オペラ座の周囲にある像です。データは、ISO200、絞り優先、f4、1/320秒、+1.33補 正。ヴェネチアの看板と同様、拡大すると、少しはボケています。
 右はf8まで絞り込んでみました。1/80秒、+1.33補正。ピントは手前から2番目の像に合わし ています。

 このレンズは2000年10月の発売で、現 在も発売中です。重さは545g。新しいGタイプの 24-85mmのほうが軽いのに、今で も残っているのが不思議です。Dfには良く似合う、便利なレンズです。
 関連記事は以下にあります。
続・ Dfに似合うレンズ(2015年1月4日、1月12日、2月11 日)
Dfに似合うレンズ(2014年9月13日、9月23日、9月27日、 10月5日)
★2018年10月8日(月) ケンウッ ドが好き CP-M5など
 ケンウッ ド(KENWOOD)のカセットプレーヤーCP-M5を手に入れました。1991年発売の製品のようで す。下はソニーのウォークマン、1988年発売のWM-509です。
 ウォークマンの場合は、資料も豊富で、各機種ごとの説明も様々出回っているのですが、ケンウッドのカ セットプレーヤーについては、情報が少なく、どのようはポジションの製品なのか、よくわかりません。 ネット情報を探したところ、「良いヘッドホンアンプを搭載している」「メタルテープ再生時にずいぶん硬 質のしっかりした音を出す」などと好意的な書き込みがあり、好みに合うかもしれないと思って購入に到り ました。
 いちおう、メタルテープ対応で、テープの識別は自動のため、WM-509のような切り替えスイッチは ありません。ドルビーはB対応。再生中に早送り、巻き戻しボタンを押すと、無音部を探して自動的に曲の 頭から再生が始まります。期待通りの音で鳴ってくれました。

 ケンウッドというメーカーは、1946年に有限会社春日無線電機商会として設立され、翌年にブランド 名をTRIOとし、60年に会社名もトリオに変え、音響機器メーカーとして存在感を持っていました。
 ケンウッ ドというブランドは61年に海外向けとして使われ、国内ではトリオと両方使われた時代を経て、81年に ケンウッドに統一。会社名も86年に株式会社ケンウッドと変わりました。
 現在ではビクターと経営統合をへて合併し、株式会社JVCケンウッドとなっています。ブランド名が生 き残っているのが良かったと思います。

 昔から、メジャーではないけれど、ちょっと格好良いメーカーとのイメージがあり、好きでした。
 上の写真 の右は、CP-M5の背面(機能的には背面ですが、テープを入れる時にはこっちが表面となります)で、 プリントではなく、立体的なブランドロゴがお洒落です。
 その隣はケンウッド製のICレコーダー、MGR-E8。 これも格好良さにひかれて2012年に買いました。しかし樹脂製なので、見た目より軽く、ズシリ感に欠 けるところはちょっと残念です。

 左はいずれもケンウッド製の携帯電話。右側が1986年春に初めて買ったDP-132。ソフトバンク の前身、 関西デジタルホン時代です。
 左側は2000年9月に3代目として買い換えたJ-PHONE時代のJ- K03。もっとも、J-K03は格好いいとも、お洒落だとも思えません。たぶんケンウッド製がこれしかなかったように覚えています。なお当時の写真なの で、拡大してもそれほど高画質ではありません。
 関連記事は以下にあります。
ウォークマンが好き(2018年1月2日)
携帯電話を再び買い換え(2000年9月27日)
携帯電話を買い換え(1999年11月18日)
★2018年9月17日(月) 世界遺 産・日光の穴場 知られざる三重塔
 左は日 光東照宮の五重塔です。 東照宮の拝観受付所のある広場に建っており、いつも観光客で賑わっているので、見たことがある人は多い と思います。重要文化財で、高さ34mの堂々とした塔です。

 一方、右は同じ日光にある重文の三重塔ですが、訪れる人もなく、いつもひっそりとしています。塔の手 前に見える解説板によると「四本 龍寺三重塔」で、もともと1241年に東照宮の境内付近に建てられ、その後、現在に移設されたものの、 1684年に焼失。翌年に再建されたものです。
 同じ重文なのに、どうして訪れる人がいないのでしょうか。
 それは三 重塔のある場所が、観光のメーンルートから外れているからです。
 左の地図は、日光市のホームページ「世界遺産 日光の社寺」の中の「登録区域」にある「建造物詳 細図」 です。右下の道が延びてい る方向に東武鉄道やJRの日光駅があります。徒歩で来た人も大谷川にかかる橋を渡ると突き当たりを左へ 進み、輪王寺や東照宮方面を目指します。バスやタクシー、マイカーで来る人も同様です。
 しかし、三重塔があるエリアは、日光にとって重要な場所です。建造物群詳細図を見てもらえばわかりま すが、三重塔の南側に「本宮神社」という二荒山神社の別宮があります。ここはその名の通り、二荒山神社 の発祥の地なのです。