HOME

2002年の旅
2005の旅
ゴッタルド線の旅

2011年の 旅 Top
行程記録
行程地図
Genève>Montreux
MVR-mtgn
TPF、VCh
CFF、BLS
BLM
MIB
BRB
zb
Voralpen-Express
Thurbo
AB
SZU、Db
ZVV


スイスの滝めぐり

走破記録

港の見 える街から
(辻本のホームページ)

このサイトは
Netscape7.0
へた字12ポイントで
最適化しています



 チューリッヒから見るユングフラウ
Zürich
> Uetliberg (SZU)     Zürich Römerhof > Zürich Dolder (Db)
Sihltal Zürich Uetliberg Bahn
ジールタール・チューリッヒ・ユトリベルク鉄道
ユトリベルク線(2011/08/10)
Dolderbahn ドルダー鉄道
(2011/08/12)


(夕暮れのUetliberg駅に到着したSZUのBe556型電車)

大都会にある「登 山鉄道」
 人口約39万人、スイス最大の都市チューリッヒに登山鉄道があるというと、驚く人もいるでしょう。でも、本当なんで す。上の左の写真はチューリッヒ中央駅に近いホテルから西南の方角を眺めたところ。正面に見える山が Uetliberg(ユ トリベルク)山です。標高869mで、チューリッヒ市内の最高峰です。
 上の右の写真は頂上付近の拡大。右はアンテナですが、左側の建物の隣りにある鉄塔は展望台です。この山頂近くまで、中 央駅から鉄道が延びています。
 赤いラインがその鉄道。Sihltal Zürich Uetliberg Bahn(ジールタール・チューリッヒ・ ユトリベルク鉄道=SZU)のユトリベルク線です。標高395.9mのチューリッヒ中央駅から、812.8mのユトリベ ルク駅まで、10.36kmで416.9m登ります。最急勾配は79パーミルなので、ラックレールは使いません。
 中央駅では地下の1、2番線から発車し、しばらく地下を走ります。現在は近郊線のS10系統として運行されており、所 要時間は約20分です。
 SZUにはこの路線のほか、ジール川沿いにジールブルックへ向かう「ジールタール線」もあり、途中の Giesshübel(ギースヒューベル)までは同じ線路を走ります。上の地図でいうと、中央部の上よりにある中央駅を 出た路線が南下し、大きく西へカーブする地点がギースヒューベルになります。

 出発前にユトリベルクのことを調べていると、ここからユングフラウが見えるという記述がありました。チューリッヒから ユングフラウまでは直線で約100キロ。もちろん市街地からは見えません。本当に見えるのでしょうか。
美 しい展望塔」から見る美しい風景
 最初の計画では、8月12日のチューリッヒ市内乗り回しの日に、ユトリベルク線も乗るつもりでし た。しかし、8月10日(水)、コンスタンツから18時ごろにチューリッヒに戻り、ホテルで休憩していると、妻が「今か らでも行けるんじゃない」と言い出しました。
 ユトリベルク線は1時間に1本。調べてみると中央駅20:05発だと、なんとか日没までに間に合いそうです。時刻をみ るとあとわずか。駅まで駆け足で向かいました。
 幸い、ユトリベルク線の乗り場、地下の1、2番ホームは、一番ホテル寄りでした。駅の手前の階段から地下に降り、迷う ことなくホームに到着。乗り込むとすぐに発車でした。そのため、電車の観察は後回しになりました。
 乗客は少なめで、帰宅ラッシュなどはなさそうです。しばらくは住宅街を走り、途中からマウンテンバイクの男の子が乗り 込んできました。混んでいないので大丈夫です。
 Triemli 駅を過ぎると周囲の景色は山の中になりました。そして20:25に終点、ユトリベルク駅に到着です。マ ウンテンバイクの男の子は、ここから自転車で山を下っていくようです。


 駅の建物には「814m」との表示がありますが、データ本「Bahnprofil Schweiz」2010年版によると、標高は上にも書いたように812.8mです。いずれにせよ、上の左の地図のように、駅から山頂までは少し歩く必要 があります。山頂部までは標高差50数m。帰りの電車は21:06発で、あと40分しかありません。
 とりあえず、到着した列車の写真だけ 撮って出発しました。このページのトップに掲げた写真が全景。3両編成です。
 左の写真はややアップ。中央の車両のところだけ、日本のようにホームが高くなっています。
 この写真の手前側に駅の建物があります。
 駅から頂上へ向かう道の脇には、動物のような(鹿?)変な像が建っていたりするのですが、写真を撮る時間も惜しく、と にかく展望台へと急ぎました。

 左の写真が展望台のある鉄塔の全景。降りてきてから撮影したので、すっかり暗くなっています。中央の 出っ張っているところが展望台です。
 上の写真は展望台へ上る階段の登り口にあった看板です。展望台の名前は「UTO KULM」で、1990年に完成したようです。
 また塔の高さは70mですが、展望台の位置は高さ30mにあり、展望台の標高は900mになるとの説 明が書かれています。
 中央には「スイスで最も美しい展望塔」との宣伝文句があり、そのしたのロゴは塔を建てた会社の名前の ようです。
 【5月11日・訂正】「UTO KULM」は、左の写真にも写っているホテル・レストランの名前のようです。塔もセットなのかな。
 まず、東側のチューリッヒ市街地のほうを眺めました。
 夕陽に照らされた市街地が美しく見渡せます。ただ、夕暮れでスローシャッターになったことと、展望台の階段を急いで 上って息が切れていたこともあり、この写真はブレブレでした。中心部の4つの教会の尖塔もしっかり見分けられたので、上 手に写せていたら、きれいな写真になったのにと残念です。

 そして問題のユングフラウの方向、南南西に目を向けました。
 見えました!。手前の黒い山の背後に、特徴あるピラミッド型の雪山が、夕陽を受けて輝いていました。間違いなくユング フラウ(4,158m)です。
 アップにするとこんな感じです。ユン グフラウの左には、メンヒ(4,107m)とアイガー(3,970m)が重なっています。「左にアイ ガー、中央にメンヒ」というのが3山の定位置ですが、チューリッヒから見ると、メンヒの山頂より、手前 のアイガーが右側に見えます。
 ユングフラウ3山のほかにも、ティトリス(3,238m)らしき雪山も見えました。夕方だと、夕陽のあたった高山の頂 が見分けやすくなるのではないかと考えていましたが、その通りになりました。
アンバランスなパン タグラフ
 眺望に満足し、急いで駅へ戻りました。改めて列車を観察しました。
 駅に到着 したときは、急いでいたので逆光で写しましたが、今度は西側、順光です。上の写真で、特徴のあるパンタ グラフの様子がわかるでしょうか。一番手前のパンタグラフが畳まれているので、少しわかりにくいです が、左の写真だとどうでしょう。
 パンタグラフが屋根の中央でなく、片側の端に張り出すように付いていることがわかるでしょう。一番上 の反対側の写真も見比べて下さい。
 実はユトリベルク線は直流1200ボルトですが、ジールタール線は交流1万5000ボルト。チュー リッヒ中央駅からギースヒューベルまでは両方の架線が張られており、ジールタール線の列車は通常通りの 中央の架線。ユトリベルク線は端に寄った架線と使い分けているのです。

 ユトリベルク線は1875年5月12日、Zürich Selnau(チューリッヒ・セルナウ)駅からユトリベルクまで、ユトリベルク鉄道として開通しました。セルナウ駅は中央駅とは離れていたため、1990 年5月5日に地下化して中央駅に乗り入れました。
 一方、ジールタール線は1892年8月3日にギースヒューベルから、ジールブルックの手前のSihlwaldまで、 ジールタール鉄道として開通。1897年6月1日にジールブルックに達しました。両社は1973年1月1日に合併して SZUとなりましたが、電化方式の違いはそのまま持ち越されたのでした。
 ちなみにこのBe556型電車は1992年から93年にかけて8両が造られています。写真の電車は、ユトリベルク寄り が525号機、チューリッヒ寄りが525号機。中央の車両は型番不明です。
高級ホテル行き登山 鉄道
 ユトリベルク線はラックレールを使わない粘着式の登山鉄道でしたが、チューリッヒ市内にはラック 式の登山鉄道もあります。それがDolderbahn(ドルダー鉄道=Db)です。
 チューリッヒ湖をはさんでユトリベルクとは反対側、赤い線で示したのがドルダー鉄道です。その線形から想像がつくよう に、Dbも元々はケーブルカーでした。
 8月12日(金)、チューリッヒ市内乗り回しの最初に、Dbを訪ねました。麓駅のRömerhof(レーマーホフ)前 でトラムを降りても、駅らしい施設はありません。大きなビルがあるだけです。
 しかし、前身がケーブルカーといえ ば、前回のワルツェンハウゼン駅での経験があります。ビルの正面玄関の左側を見ると、右側の写真のよう に、Dbの入口がありました。入口の上にお洒落な表示が出ており、左側にも看板が建っていました。
 中へ進んでいくと、1両だけの電車が見えました。ただし、ホームは階段状ではなく、平らです。
 11:21の発車間際だったので、車 内はそこそこ混み合っており、前が見える場所に行くことは出来ませんでした。後ろで我慢します。
 乗客はハイキング客のほか、カップルもいます。左側のおじさんは日本人のような服装です。平日の中途 半端な時間なのに、意外と利用客がいました。

 動き出すとあっという間。全長1.33kmを所要6分で走り、山上のDolder(ドルダー)駅に到着。左の写真は下 りの電車から撮ったものです。右はドルダー駅に到着した電車。1973年製のBhe1/2型の1号機です。ちなみにドル ダー鉄道にはもう1両、同型の2号機があり、ケーブルカー同様に両側の駅をほぼ同時に発車して、中央ですれ違います。
 ケーブルカーとして開通したのは1895年7月13日。そして1972年8月27日からラック式鉄道への改築が始ま り、1年後の1973年9月30日に鉄道として再オープンしました。軌間はケーブル時代と同じ1000mmです。最急勾 配は196パーミル。ラックレールは1枚歯のフォンロール式です。(「Bahnprofil Schweiz」による。長真弓さんの「スイスの鉄道」には「ラメルン式」とあるが、よくわかりません)。
 ドルダー駅の外観はこんな感じで、こ こも駅らしくありません。麓駅と同じ、小さな看板がなければ駅とわからないくらいです。
 近くには高級リゾートホテルの「ドルダー・グランド」があるはずなんですが、建物は見えません。


 他に見ることもないので、すぐに折り返して帰ることにしました。この時間帯は10分間隔に電車があり ます。ほどなく麓駅を11:31に出た電車がやってきました。こんどは2号機です。これが11:40発 車になります。写真の右はラックレールです。
 下りは他に乗客はおらず、貸切状態でした。最前部で景色を楽しみました。林の中の左カーブを過ぎて直線部にさしかかる と、前方にチューリッヒ湖が見えました。


 やがてすれ違い場所が見えてきました。その向こうから登りの電車がやってきます。右の上の写真のように、すれ違い風景 はケーブルカーと同じです。違うのはレールとポイント。ケーブルカーの交差部のように固定式のレールではなく、ラック レールを含めて3本のレールが、一体となって左右に動き、ポイントを切り替えています。