Home

2002年の旅
2005年の旅
ゴッタルド線の旅

旅のヒント
ライゼゲペック



港 の見える街から
(辻本のホームページ)

このサイトは
Netscape7.0
へた字12ポイント、
横幅740ピクセルで
最適化しています



旅のヒント
ライゼゲペックの現状 (その1)


(今回利用したライゼゲペックの様々なタグ)

★サービスダウンの歴史

 ライゼゲペック(Reisegepäck)とは手荷物託送システムのことで、スイスの鉄道旅行 を快適にしてくれる大きな要素のひとつでした。目的地までの切符を持っている人なら、30kgまでの荷物1個を10フラ ンで預かってくれ、朝に預ければ、 夕方には着いていました。さらに到着駅で72時間まで預かってくれるので、宿泊地をひとつ飛ばして先に送るなど、便利に 活用できました。
 ところが1990年代の末から、所要時間が大幅に伸び、その日のうちの到着が保証できなくなり、公式的には「到着は 36〜48時間後」になったようで す。
 辻本が2002年に旅したときは、そのあたりの状況を知らず、当日に着くものとばかり思って利用していました。あとで 詳しく書きますが、やはり1回は届 かなかったのです。
 いずれにしろ、こんな状態では困るので、一部に限って、料金は2倍の「エクスプレス(速達扱い)」というのも行ってい たようです。それが2005年の春 になって制度化されました。英語では「Fast Baggage(ファースト・バゲージ)」、ドイツ語では「Schnelles Reisegepäck(シュネレス・ライゼゲペック)」と名付けられました。スイス国鉄のホームページでも紹 介されており、PDFのパ ンフ レットがダウンロード出来ます。

 訂正(2011-08-24)・ これまで「Fast Baggage」が「First Baggage」になっていました。正しくは「Fast」です。申し訳ありませんでした。ご指摘ありがとうございまし た。

★2002年の旅の実情

 現在のシステムを紹介する前に、2002年の旅の時の事例を紹介します。前回の旅のページにもラ イゼゲペックのこ とを書いているので、そ ちらも 参考にしてください。

日付
預けた駅

時刻

受取駅

時刻

備考

07/23(火)

Zurich

07:00

Andermatt

18:30

 

07/24(水)

Andermatt

09:30

Zermatt

16:50

 

07/26(金)

Zermatt

08:00

Luzern

翌日19:03

荷物到着時刻

07/29(月)

Luzern

08:30

Zurich

16:00

 


 このように3回は、きちんと朝預けて夕方、それも2回は早い時刻に受け取れています。残りの1回は25時間かかってい ます。この時は「なんで届いていな いの」と不思議に思ったのですが、当時はそれが普通だったのです。他の3回がうまくいきすぎていたのですね。
 確かに、他の3回と違い、ZermattからLuzernは少しルートが複雑です。列車ひとつでオーケーという訳には いかないので、しかたないのでしょ う。それでも、ZermattからはBirgまでは、辻本が乗っていた同じ氷河急行に積み込まれていたのを確 認しているの に、Brigから先で時間がかかっているのです。

★限定だらけの「ファースト・バゲージ」

 これが「ファースト・バゲージ」のパンフレット。中の説明は独、仏、伊、英、日の5か国語なのに、表紙は英語と日本 語。それだけ日本人の利用が多いので しょうか。
 さてパンフレットによると、「午前9時までに荷物を預ければ、最終目的地で同日の午後6時以降に荷物を受け取ることが 可能です。(いくつかの駅では、受 け取り時間が多少遅くなることもあります。)」となっています。そして「取り扱い箇所は裏面に記載されています」となっ ています。右の写真が裏面の一部、 左上の部分。このように左側に「預ける駅」、上に「受け取り駅」が載っており、その相互で取扱が可能かどうかがわかりま す。
 掲載されているのは45駅。大都市のほかは著名なリゾート地が中心。このためGstaad(グスタード)や Murren(ミューレン)、それに鉄道のな いSaas Fee(ザース・フェー)などが載っているのに、「アルプスの十字路」であるAndermatt(アンデルマット)が 載っていません。また両方向で扱いが 同じとは限らず、GstaadからArosaへは送れるのに、ArosaからGstaadへは取扱不可となっています。
 写真のカバンマークの横に見える「1」の注は「荷物の集荷時間はリクエストベースとなります」という、よくわからない 説明が付いています。また駅名の横 にある「2」の注は、「荷物のチェックインは午前9時から10時までです」。そのほか、受け取り駅には「荷物の受け取り 時間は午後5時30分から6時まで です」という注もあります。


<<前のページ | 次のページ >>