Home

▽お城めぐり

▽日本のあちこち

▽Macのある生活

▽ 好きなもの色々
 マツダが好き
 小 さいカメラが好き

 
双眼鏡が好き
 
小 さいデジカメが好き
 
小さいデジカメ・2
 小さいデジカメ・3

 
橋 が好き
 塔が好き・五重塔
 塔が好 き・三重塔
 彫 刻が好き

▽リンク

▽過去の日記


 
パリの橋(2016 年3月)
Les Ponts de Paris
(その2・ポンヌフから上流へ)

(青枠の写真は、クリックすると大きい写真が開きます)



上の写真は芸術橋(ポンデザール)より見たポンヌフの全景。
その1でも紹介しましたが、ポンヌフの全景はこれだけなので、再掲します。
画面のすぐ上に朝日があり、セーヌ川がきらめいています。
橋がまたいでいるのはパリ発祥の地であるシテ島です。
建物の上にサント・シャペルの尖塔がのぞいています。



その2では、ポンヌフの上流側、シテ島とサンルイ島に架かる橋を紹介します。
位置関係は上の地図の通り。
ポンヌフとプチポンの間、サンミシェル橋も重要な橋で、渡ったのに写真は撮り忘れです。残念。

橋の名前のあとは、現在の橋の開通年、全長、全幅。
データは、「Larousse Paris」(2002年)によりました。
参考文献によってデータは諸説あるので、参考程度に見て下さい。
その1・芸術橋から下流へ)はこちらです。

  ▽ポンヌフ Pont-Neuf 1606 年(1854年補修)、238m、20.5m
  

シテ島の西端をまたいで、セーヌの両岸をつなぐこの橋は、
「ポンヌフ(新橋)」という名前とは裏腹に、パリで最も古い橋です。
完成はした年については1604年や1607年としている本もあります。



もうすこし近づくと、橋脚部分の上の張り出しがよくわかります。
右岸側は石造りの7連アーチです。
橋の工事は、アンリ3世時代の1578年に始まり、30年近くかかってアンリ4世時代に完成しました。
ポンヌフがそれまでの橋と違っていたのは、橋の上に建物がない初めての橋だったということです。
このため橋の上はパリ市民のたまり場、社交場として賑わったそうです。



橋がシテ島にかかっている部分には、そのアンリ4世の騎馬像が建っています。
アンリ4世が暗殺された後、妃のマリー・ド・メディシスによって1614年に建てられました。
しかしフランス革命で破壊され、1818年に再建されています。

橋の欄干が半円形に広がっている部分には、かつて小さな店舗がありましたが、
19世紀の改修ですべて取り払われました。

  

右岸の下流側には、左の写真のように「パリの歴史」の解説版が立っています。
建設については「1578年5月31日に、アンリ3世が最初の基礎を置き」とあり、
完成したのは「1606年7月8日」となっています。

右は橋の上の街灯。右側の男性が立っているところが半円形の張り出し部分で、
街灯はその両側に設置されています。風格のある姿です。
右側奥にアンリ4世像が見えています。



これは右岸側の橋を上流からみたところです。
右岸から2番目のアーチ部分には、1608年にポンプ室が設けられ、ルーブル宮などに水を送っていました。
1813年に姿を消した建物の正面には、聖書の一場面、
井戸の前でキリストとサマリア人の女(サマリテーヌ)が出会う場面の彫刻が飾られていました。
このためポンプ室は「サマリテーヌ」とよばれ、その名前は今、右岸にある百貨店に残っています。


  ▽両替橋 Pont au Change 1860年、103m、30m


シテ島と右岸を結ぶ両替橋(シャンジュ橋)も、長い歴史を持つ橋です。
ローマ時代にも同じ位置に橋があったとされ、
記録の残る9世紀以降には、何度も架け替えられています。
両替橋の名は、橋の上で両替屋が営業していたからとされています。
1141年にルイ7世が両替所の常設を命じ、他の場所での両替を禁止したようです。

1647年には7径間の石造アーチが作られました。
上の写真は上流側から見たところ。
左手のシテ島にある、塔が並ぶ建物はコンシェルジュリー。
フランス革命では牢獄として使用され、
マリー・アントワネットらもこの橋を渡ってコンシェルジュリーへ移されました。

1860年に3径間の現在の橋に架け替えられました。



現在の橋の側面には、ナポレオン1世を象徴する「N」の文字が月桂樹に囲まれて取り付けられています。
向こう側にポンヌフが重なって見えています。


 
橋の右岸側はシャトレ広場。右手の大きな建物は市立劇場。
広場をはさんで反対側にはシャトレ劇場が向き合っています。
正面の塔は、サンジャックの塔です。


  ▽ノートルダム橋 Pont Notre-Dame 1912年、 105m、20m


この橋はローマ時代からの歴史を持っています。
現在の左岸側のサンジャック通りからプチポン(小橋)と渡ってシテ島に入り、
かつてはグランポン(大橋)と呼ばれたこの橋で右岸に渡り、サンマルタン通りへ続く道筋は、
パリで最も古いメーンストリートです。
何回もの落橋と再建を繰り返し、現在の橋は1912年に完成しました。

その前の橋は1853年12月に完成した5連の石造アーチでした。
しかし船の通行の邪魔になるため、中央の3連を1つの大きな鉄製アーチに替えたのが現在の橋です。
写真の右手奥には、ノートルダム寺院が見えています。