Home

▽お城めぐり

▽日本のあちこち

▽Macのある生活

▽ 好きなもの色々
 マツダが好き
 小 さいカメラが好き

 
双眼鏡が好き
 
小 さいデジカメが好き
 
小さいデジカメ・2
 小さいデジカメ・3

 
橋 が好き
 塔が好き・五重塔
 塔が好 き・三重塔
 彫 刻が好き

▽リンク

▽過去の日記


 
パリの橋(2016 年3月)
Les Ponts de Paris
(その1・芸術橋から下流へ)

(青枠の写真は、クリックすると大きい写真が開きます)


パリの真ん中を流れるセーヌ川には、多くの橋が架かっています。
石橋、鉄橋、コンクリート橋と、素材は様々ですが、
いずれも歴史と物語をもち、風景になじんでいます。

上の写真は芸術橋(ポン・デ・ザール)。
背景にエッフェル塔が見え、左のドームは学士院です。
訪問した日は、どんよりした曇り空が多かったのですが、
パリの街はもともと原色の少ない落ち着いた色合いなので、
これはこれでパリらしい雰囲気かなと思います。



美しい橋、有名な橋は数多くありますが、
今回は時間にも限りがあり、
芸術橋、アレクサンドル3世橋、それにポンヌフの3橋が中心。
その他の橋は、通りすがりに写しただけです。
前半は、芸術橋から下流側の5橋を紹介します。
その2・ポンヌフから上流へ)はこちらです。

橋の名前のあとは、現在の橋の開通年、全長、全幅。
データは、「Larousse Paris」(2002年)によりました。
参考文献によってデータは諸説あるので、参考程度に見て下さい。

  ▽芸術橋(ポン・デ・ザール)Pont des Arts 1984年、155m、11m
  

朝のポンデザール。左岸の下流側から見たところ。逆光です。
対岸の大きな建物はルーブル美術館です。
芸術橋の名は、ルーブルがかつて芸術宮殿(パレ・デ・ザール)と呼ばれていたことにちなみます。
また、左岸側の近くに国立美術学校があるためと書かれることもあります。



近くから見ると、橋の繊細な構造がよくわかります。
車の通らない、人道橋だから、こういう軽そうな構造で可能なのでしょうか。
2008年ごろから欄干部分の金網に、観光客や市民が南京錠を取り付けるようになり、
美観を損ねるとともに、2014年には錠の重みで橋の一部が破損する事態も起きました。
このため、2015年、金網はアクリル板に取り替えられました。



人道橋なのですが、予想外に広い橋で、驚きました。
路面は木製(ボードウォーク)で、足に優しく、橋の上にはベンチも設けられています。
正面はルーブルのシュリー棟で、写真に見えるアーチをくぐって中庭に入ると
ピラミッド入り口方面に行けます。



ポンデザールから東側、ポンヌフとシテ島を見たところ。
雲間から朝日が顔を出したので、逆光がきついです。



これは逆にポンヌフからポンデザールを見たところ。
このページのタイトルに掲げた写真の少しアップです。
もともと橋は1804年、ナポレオン1世の時代に、
フランス最初の鉄橋(鋳鉄橋)として9連アーチで架けられました。

その後、1852年に左岸側の道路拡幅でアーチが8連に。
さらに20世紀になると船がぶつかる事故があったため、
アーチを7連に減らして現在の橋に架け替えられました。
7連という数は、ポンヌフ(右岸側)のアーチとそろえているとも言われています。


  ▽カルーゼル橋 Pont du Carrousel 1939年、168m、33m


ポンデザールから見たカルーゼル橋です。
右手はルーブル美術館、左にオルセー美術館、正面にはグランパレが見えます。
もともとは1831年に架けられた鉄のアーチ橋でしたが、
交通量の増加に伴い、3径間のコンクリートアーチに替わりました。
中央のアーチの下に、下流のロワイヤル橋の橋脚がのぞいています。



  川岸にそって長くのびるのはルーブルのデノン棟。
橋を渡ったところのアーチをくぐると、橋の名になったカルーゼルの凱旋門があります。
橋のたもとには4つの銅像。手前に見えているのは「パリ」を象徴する女性の像。
他の3つは「豊穣」「産業」「セーヌ」ということ。
今回、なぜか、どの像も赤い布で目隠しをされていました。


  ▽コンコルド橋 Pont de la Concorde 1791年(1931年拡 幅)、 153m、35m


フランス革命のさなかに完成したコンコルド橋。
襲撃で壊されたバスチーユ牢獄の石材も、橋の建設に使われたといいます。
5径間の重厚な石造アーチ橋ですが、装飾は控えめです。
もっとも19世紀の一時期、政治家や将軍ら12人の像が建っていたこともあるようです。
よく見ると橋脚の基礎が3つに分かれています。両側が拡幅時の増設分です。



右岸側は、革命児に断頭台が置かれたコンコルド広場。
左手にオベリスクが見えます。現在では観覧車が目立っています。

   
  ▽アレクサンドル3世橋 Pont Alexandre III 1900年、154m、 40m

コンコルド橋の隣り、アレクサンドル3世橋は、うってかわって装飾の多い橋です。
上の写真はコンコルド橋から遠望したところ。
逆光で陰になっていますが、エッフェル塔を背景に、橋のたもとに建つ4つの塔と金色の彫刻が目立ちます。
橋の上には、これでもかとばかりに街灯が並んでいます。
川の中に橋脚がなく、ワンスパンで川をまたぐ鉄製のアーチ橋で、
アーチの下から下流側のアンヴァリッド橋の橋脚が見えています。