Home

▽お城めぐり

▽日本のあちこち

▽Macのある生活

▽ 好きなもの色々
 マツダが好き
 小さいカメラが好き
 双眼鏡が 好き
 
小 さいデジカメが好き
 
小さいデジカメ・2
 
小さいデジカメ・3
 
橋が好き
 塔が好き・五重塔
 
塔が好き・三重塔
 エッフェル 塔が好き
 彫刻 が好き

▽リンク

▽過去の日記


 
★ エッフェル塔が好き(塔が好き・その3)

エッフェル塔のことを知ったのは、いつごろだったのだろう。
東京タワーを知ったのと、同じころだったように思います。
そして、東京タワーに高さが抜かれたエッフェル塔を、可哀想だと思いました。
そのころから、エッフェル塔が好きでした。

40年近く前、足元まで行きましたが、登ることはできませんでした。
2016年3月、ようやく、念願を果たしてきました。
写真はそこそこ撮りましたが、内部は駆け足の訪問。
またゆっくりと訪れたいと思っています。

★最初は遠くから



パリの中心、ポンヌフから眺めたエッフェル塔です。
セーヌ川に架かるのは芸術橋(ポン・デ・ザール)。「橋が好き」に載せたのと同じ写真です。
左のドームは学士院。正面右手はオルセー美術館です。
パリの中心部には高層ビルがほとんどないので、遠くからでもエッフェル塔がよく見えます。
このあたりだと、地上から115mの第二展望台が見えるかどうか、という感じです。



次はコンコルド橋から、アレクサンドル三世橋方向を遠望したところです。
完全な逆光なのでかすんでいますが、このあたりまで来ると、第二展望台の全貌が見えています。

★エッフェル塔の基礎知識

 

エッフェル塔の公式 ホームページを見ると、
「エッフェル塔のすべて」に、「基本数値」として次の7つの項目が出ています。
上の写真の左側です。この写真をクリックすると、さらに様々な数値が描かれた写真が開きます。

・HEIGHT(高さ)324m
・3rd FLOOR(第3展望台)276m
・2nd FLOOR(第2展望台)115m
・1st FLOOR(第1展望台)57m
・NUMBER OF ANTENNAS(アンテナの数)120
・SPARKLING(フラッシュ用バルブ)20,000バルブ
・ILLUMINATION(イルミネーション)336ランプ

ホームページからダウンロード出来る20ページのデータ集、
「all_you_need_to_know_about_the_eiffel_tower」や、観 光用パンフレットには
とても詳しいデータが載っています。
上の写真の右は、データ集の表紙のイラスト。高さと各展望台の広さがわかります。

高さについては注釈が必要です。
エッフェル塔が完成したのは1889年。万博に合わせて造られた有名です。
この時の高さは300mでした。
これは建築コンクールの条件が「高さ300mの塔」となっていためです。
ただし、当時でも塔の最高点は312mでした。
12mは避雷針の高さのようです(データ集にはflagpole=旗竿?となっています)。
その後、1957年にテレビ放送用のアンテナが加わって318.7mとなり、
さらに2000年、UHFのアンテナが加わって324mになっています。


★ライトアップを見に行ったら……

 

エッフェル塔は午後7時からライトアップされます。
夏場は暮れるのが遅い上にサマータイムなので、午後9時のようです。
そして毎時0分から5分間だけ、多くのフラッシュライトが点滅します。
公式サイトでは「スパークリング」と呼んでいます。
(シャンパンフラッシュと呼んでいる人もいました)。

エッフェル塔に登るのはバリ滞在最終日に予定していたので、
その前日の3月10日、ライトアップだけ見に行こうとシャイヨ宮に向かいました。
メトロのトロカデロ駅で降りて、地上に出ましたが、様子が変です。
エッフェル塔を眺めるベストスポットであるシャイヨ宮のテラスへ行けません。
トロカデロ広場からテラスに向かう通路には警察?車両がバリケードしています。
仕方ないので、広場のフォッシュ元帥の銅像の下から、遠く眺めるだけにしました。
結局、そんなこんなで5分間のスパークリングには間に合いませんでした。



その後の予定もあるので、ホテルへ引き上げ。
帰り道、メトロの6号線がビル・アケム橋を渡る際、電車の中からの撮影にチャレンジ。
ドアのところに立ち、撮った1枚が上の写真。
右側に車内の反射が写り込んでいますが、まあまあ合格点でしょうか。
川沿いに明かりが見える場所は、RER(郊外線)C線の駅です。
駅名は「シャン・ド・マルス ツール・エッフェル」。「四天王寺前夕陽ヶ丘」みたいな駅名です。
拡大するとSNCF(フランス国鉄)の列車が停まっているのがわかります。

★ゆっくりと接近



翌3月11日、この日はいよいよエッフェル塔に登ります。
アレクサンドル三世橋を見た後、エッフェル塔に向かいました。
時間があるので、歩いて士官学校前からシャン・ド・マルスを抜け、
だんだん近づいてくるエッフェル塔を堪能する計画です。

  

シャン・ド・マルスの士官学校寄りには、なにやらガラスのモニュメントがあり ました。
上の地図では緑地の中央の白い部分の真ん中にある黒四角の部分です。
地図を見ると「Le Mur pour la Paix」(平和の壁)とあります。
ガラスの部分に日本語を含む49か国語で「平和」と書かれているようです。
漢字の「平和」があまり上手じゃないので、ちょっと安っぽい気がしますが、
エッフェル塔の眺望を妨げる場所に立っているからには、
それなりにきちんとした施設なのでしょう。
帰国後に調べると、2000年3月30日に建てられたそうです。
もともと練兵場だったシャン・ド・マルスは、平和を願うモニュメントにはふさわしい場所でしょう。
なお、エッフェル塔側からみると、思ったほど目立ちません。よくできています。

  

「平和の壁」を越えると、エッフェル塔が全身を現しました。
左の写真は広角28mmなので、実際よりは遠く感じます。
右の写真は少し望遠にした70mm。見た目はこれより少し小さい感じです。
時刻は午後4時半くらいで、左手からやや逆光です。
空が多いと、レンズの汚れが目立ってしまいます。

  

さらに近づいて、シャン・ド・マルスの中央あたりまできました。
左の写真の左手前は小銃を持った兵士です。
2015年11月に起きた大規模なテロ事件から4か月、
パリのあちこちで警戒する兵士の姿をみかけました。
左の写真は人間の眼に近い48mm。
右も同じですが、少し近づいています。70mmで撮った先の写真と比べると、少し見上げる形です。

  

このあたりで各展望台をアップで写しました。
左が地上276mの第3展望台。二層になっていて、上の階はテラスが鳥かご状の金網で覆われています。
右は地上115mの第2展望台。こちらのテラスは手すりだけで、吹きさらしです。
拡大すると、下り階段の案内表示も見えます。



こちらは地上57mの第1展望台。さすがに人影は少ないです。
拡大してみると、展望台の下に文字が書かれているのがわかります。
これはフランスの科学者たちの名前だということです。
知っているところでは、振り子の実験で有名なFoucault(フーコー)が見えます。

 

足元近くまで来ました。広角28mmで見上げる形なので、姿はいびつです。
真下に来て、「鉄のレース編み」と呼ばれる様子を観察しました。
細い鉄骨に、スパークリング用の照明が無数に取り付けられています。

 

本当に細部まで手が込んでいます。
右は中央部を見上げたところ。第1展望台は中央が吹き抜けになっています。
内側の手すりもガラス張りになっています。
さらに張り出し部分は、床もガラス張りになっています。右下にはおじさんが立っています。

★定番のポイントから