Home

▽お城めぐり

▽日本のあちこち

▽Macのある生活

▽ 好きなもの色々
 マツダが好き
 小 さいカメラが好き

 
双眼鏡が好き
 
小 さいデジカメが好き
 
小さいデジカメ・2
 小さいデジカメ・3

 
橋 が好き
 塔が好き・五重塔
 塔が好 き・三重塔
 彫 刻が好き

▽リンク

▽過去の日記


 
★ タワーブリッジ探訪(2016 年3月)
Tower Bridge
(青枠の写真は、クリックすると大きい写真が開きます)



ロンドンのシンボルとなっているタワーブリッジ。
その立派な風格と、現役の開閉橋というユニークさで、
橋が好きな人間にとっては聖地のひとつです。

かつて、ロンドン中心部のテムズ川には、ロンドンブリッジがあるだけで、
その混雑はたいへん激しく、新たな橋の建設が求められていました。
その後、ロンドンブリッジの上流側には、いくつもの橋が架けられましたが、
ロンドンブリッジの下流側は、テムズ川を遡ってきた船が荷を下ろす船着き場で、
多くの船が行き交っていたため、
マストの高い船も通れる橋にする必要があったため、なかなか橋が架けられませんでした。

委員会が設けられてデザインを公募した結果、ホレイス・ジョーンズの案が採用され、
著名な技術者であったジョン・ウォルフ・バリーが修正を加えて設計が決まりました。
1886年から8年かけて建設され、1894年6月30日に開通しました。

 

地下鉄のタワーヒル駅で降り、ロンドン塔の入口前広場まで来ると、
ロンドン塔の向こうにタワーブリッジが見えてきました。
ロンドン塔の中に入ると、しっかり見えます。
ロンドン塔の城壁からも眺めたかったのですが、時間がありませんでした。

    
テムズ川左岸の川岸から眺めた全景です。西側から眺めています。
左手、左岸にある北橋台は木立に隠れています。
時刻は午後3時半ごろですが、今にも雨が降りそうな薄暗い空模様。
このためコントラストの低い写真になってしまいました。

橋の全長は244m、260m、270mなど諸説ありますが、橋で買ったパンフによると、
南北の橋台間が880フィート(268m)となっています。
中央の橋桁が開閉する部分は200フィート(61m)、両側がそれぞれ270フィート(82m)です。

 
中央部分の橋桁は、重さが各1,000トン(907トンとの説もあり)。
1分間(90秒との説も)で、垂直に近い86度まで跳ね上がり、
上部の通路(High Level Walkways)まで、水面から139フィート(42m)の空間が開きます。
上部通路までの高さは、44mとの説もあります。また道路面からの高さは110フィート(33.5m)です。

テムズ川を上ってきた船から見ると、橋の東側を見ることになり、
ロンドンの玄関口としての意味合いからいうと、そちらが正面なのでしょうが
時間の都合で、東側から眺めることができず、少し残念でした。

写真の手前側、北塔の橋脚部分の上流側に、ガラス張りの建物がありますが、
ここが塔に登るための入場券売り場です。

 
 
川岸からは階段を上って北橋台の建物の下に出ます。
左の写真のように、アーチの下から、正面に北塔が見えてきます。
右の写真は帰り際に階段の反対側から見たところ。
タワーヒル駅から真っ直ぐ橋を目指すと、こちらから来ることになります。
看板は塔に登る「タワーブリッ ジ・エクシビション」の案内で、
「ガラスフロアー」が強調されています(看板の拡大はこちらです)。

橋台の建物の壁に、黒いパネルが見えます。
4枚あって、細かい文字が書かれています。
     
   
左端は、1894年6月30日の開通式の様子が書かれているようです。
ビクトリア女王の名代として出席した皇太子夫妻をはじめとする参加者の名前が記されています。
2番目は、水圧を使って橋を開閉する装置は、1977年に電気と油圧仕掛けにかわったことなど、
3番目は、上部通路やエンジンルームの公開は、1982年6月30日から始まったことなどが書かれています。
右端は急いで撮影したため、手振れで読めません。残念。

 

歩道に上がると、正面に北塔がそびえています。
「ゴシック様式の塔」と書かれることが多いですが、
正確には「ゴシック・リヴァイヴァル様式」ですね。
あとで出てきますが、塔内の解説版にもそうかかれています。

また塔は石造りのように見えますが、実は鉄骨造りで、
大理石で表面を覆っているだけです。
右の写真は足元部分のアップ。塔へ入る入口が見えています。

 
    
切符売り場で入場券、大人£9.00を払い、足元の入口から塔に入ります。
写真のような木製の手すりがついた階段が続いています。
上部の通路までは200段と書いてある資料もありました。
鉄骨があちこちでむき出しになっており、リベットがいっぱい打ち込んであります。


 
踊り場には、見学ルートの案内図がありました。
北塔を階段で上った後、まず下流側(図の左側)の上部通路を通って南塔へ渡ります。
その後、上流側の通路も渡りますが、北塔へは戻れず、往復して南塔へ戻ります。
南塔では途中階まで階段でおりますが、その後はエレベーターで道路面へ。
そのあと、南側の吊り橋部分を渡り、南の橋台を通り過ぎてから階段で下へ降ります。
そして橋の下にある機械室を見学するというルートになっています。

 
  
  階段の途中にはトイレもありました。
右の写真は最上階のすぐ下のところです。

 
 
窓の内側はこんな感じ。ガラスには網線が入っています。
最上階には休憩用のベンチがあり、クラシックなランプもあります。