Home

▽お城めぐり

▽日本のあちこち

▽Macのある生活

▽ 好きなもの色々
 マツダが好き
 小 さいカメラが好き

 
双眼鏡が好き
 
小 さいデジカメが好き
 
小さいデジカメ・2
 小さいデジカメ・3

 
橋 が好き
 塔が好き・五重塔
 塔が好 き・三重塔
 彫 刻が好き

▽リンク

▽過去の日記


 
★ ポン・デュ・ガール探訪(2018 年2月)
Pont du Gard
(青枠の写真は、クリックすると大きい写真が開きます)



ローマ帝国の建築遺産の代表がローマにあるコロッセオなら、
土木遺産の代表は、南仏、アヴィニョンとニームの近くにある
この「ポン・デュ・ガール」でしょう。
1985年にユネスコの世界遺産に選ばれています。

「ポン(Pont)」はフランス語の「橋」。
「ポン・デュ・ガール」は「ガールの橋」の意味です。
このため、「ガール川にかけられた橋」と書いている資料もありますが、
川は「ガルドン(Gardon)川」です。
この点を疑問に思っていたのですが、
フランスの国土地理院にあたるIGNの地図を見ると、
「Le Gard」または「Le Gardon」と書いてありました。
どっちでもいいんですね。下の地図も「Le Gard」となっています。



子供のころにポン・デュ・ガールの写真を見て、いつか行ってみたいと思っていました。
でも、パリやローマと違い、ポン・デュ・ガールは遠いです。
今回、イタリアからパリに向かう途中に寄ろうと思いましたが、
調べてみると、鉄道で向かうのは時間がかかりすぎました。
むしろ、パリからTGVで往復する方が早いようです。

次は、アヴィニョンから行くか、ニームから行くか、です。
ニームは後述するようにポン・デュ・ガールを通る水道の目的地であり、
ローマ時代の競技場も残っているので魅力的ではありましたが、
今回は橋を見るのが目的なので、
アヴィニョンの橋」とセットで訪れることに決めました。

ポン・デュ・ガールへのバスについては、こ のページを参考にしました。
ここに書いてあったバスの運行主体「Edgard」 の公式HPで、
ポン・デュ・ガールを経由するA15系統の時刻表を手に入れました。
本数は少なく、朝8:45の次が11:40、その次が16:30です。
しかし土日は12:30もあるようです。
パリからのTGVの到着時刻の関係で、12:30のバスに乗り、
現地を17:31発のバスで帰ってこようと思っていました。

ところが2月11日(日)の正午ごろ、
アヴィニョン・サントル駅の東側にあるバスターミナルに着くと、
出発表示板に12:30発、A15系統アレス行きの表示がありません。
案内所は閉まっており、バスを待っていた地元の人に聞いてもわかりません。
焦りましたが、もう一度時刻表を見直して、勘違いに気づきました。
土日の12:30発があるのは、「6月2日〜7月6日」の期間だけだったのです。
(下に時刻表の写真も入れています)。

仕方がないのでポン・デュ・ガール行きは翌日に変更。
時刻表を見ると、橋でゆっくりしても、帰りのTGVに間に合うバスはあるようです。
翌日に予定していたアヴィニョン観光を先にすませることにしました。

 

ということで、翌2月12日(月)、
左は朝のアヴィニョン・サントル駅。賑わっています。
この駅は元々アヴィニョンの中心駅ですが、
マルセイユ方面へ向かうTGVの新線は市街地の南側を迂回しており、
そちらにアヴィニョンTGV駅ができたたため、
これまでの駅は「Avignon Centre駅」になりました。
サントル駅の東側にバスターミナルのビルがあります。
8:45発のアレス行きは、8番乗り場からの出発です。


    
今度は案内所に人がいたので、切符が買えるか聞くと、
「バスで買ってくれ」とのこと。料金を尋ねると、
「1.6ユーロだが、往復だと安くなる」みたいな答え。よく聞き取れませんでした。

バスに乗って2人分の料金を払おうとすると、
女性運転手は「私にまかせな」みたいな感じで、
手のひらに広げた小銭から勝手にコインを抜き取り、
カードタイプの切符を2枚用意すると、運転席横の端末にピッと触れてから渡してくれました。
このため、運賃はよくわかりませんでした。
上の写真がそのカードの裏表と、バスターミナルにあった時刻表です。

バスターミナルを出発し、市街地を抜けると広い国道を走ります。
ただ、路線バスなので、時々国道を外れ、
狭い集落の中のバス停や、学校の門前にあるバス停に寄ることもあります。
定刻の数分遅れで、9:25ころに、ポン・デュ・ガールの最寄りのバス停
「Rond-Point(ロン・ポワン)Pont du Gard」に着きました。
「ロン・ポワン」とは「ロータリー交差点」のことで、フランスには多い形です。

バス停からポン・デュ・ガールまでは少し歩きます。
位置関係は下の写真を見て下さい。
ポン・デュ・ガールが越えるガルドン川は南西から北東へ流れており、
バス停のある北側が左岸、南側が右岸になります。



バス停から、受付などがある施設まで歩いて10分程度。
世界遺産の大観光地なんだから、バスも寄ってくれてもいいのに、と思いましたが、
そもそも路線バスで訪れる人など、ほとんどいないのかもしれません。
日本だったら、近くの主要都市から、直行の路線バスがあるのに、と思ってしまいました。
それに、日本だったらバス停が手前にある場合、
目的地までの間には土産物店などが並んでいるはず。
ここは何にもありませんでした。

 

受付施設に到着しました。上の左側の写真です。車道に従って北側から向かいました。
左側にインフォメーションの表示が見えます。
左側の建物には、他にトイレ、軽食堂、土産物売り場があり、
右側の建物は展示施設(博物館)となっています。
2月の月曜日の朝とあって、閑散としています。
 
入場券を買おうとすると3種類あり、違いがよくわかりません。
ほかの客がいなかったので、受付のおじさんに聞きました。

Discovery Pass(8.5ユーロ)は、橋の下部の通路(後付けの橋)を渡るだけ。
Pass Aqueduct(11.5ユーロ)は、橋の最上部を渡るガイドツアー付き。
Patrimoine Pass(15.5ユーロ)は、橋全体のガイドや博物館でのガイド付き。

これは2番目のPass Aqueductで決まりです。
事前の調べで、「最上部はツアー客しか通れない」という情報があったので、
てっきり、いわゆる団体ツアー限定だと思い込んでいました。
ツアーの時間は11:30から約30分間とのこと。
帰りのバスは13:20発なので、余裕で間に合います。うれしい。

上の右の写真がチケットの表裏と、おじさんがくれたパンフレット。
集合場所に○をつけてくれ、余白に集合時刻を書いてくれました。

はやる気持ちを抑えて、まず受付の反対側にあるシネマと博物館へ。
橋を説明する映画は、水辺のトンボの視点で、
セリフはなく、外国人にもわかりやすい内容でした。
 
 

上は、橋の規模を、ローマのコロッセオや、旅客機A-380と比べている絵です。
下の左は、水源のユゼス(ユーゼス)からニームまでの水道のルート。
地形が立体模型になっているので、山を避けたルートがよくわかります。
距離は約50kmですが、その間の高低差は12.27mしかないそうです。
(橋で買ったパンフレットの数値。ウィキペディアでは17mとなっています)。

 
 
ポン・デュ・ガールが造られたのは、1世紀の半ば、西暦50年ごろです。
古い資料を見ると「紀元前18年に建設」と書かれています。
これも疑問だったのですが、
英語版のウィキペディアに解説がありました。(誰かが日本語に訳したページはこ ちらです)。
最近の発掘調査の成果で、これまでの説が変更になったようです。
(最近といっても、2002年発行の公式パンフレットは「西暦50年」説です)。
いずれにせよ、建設から約2000年たっていることには違いありません。

ローマの植民都市だった当時のニームは人口数万人の大都市でした。
そしてローマ人と同じく、ニームの人たちも温泉好きで、
なによりも豊富な水を必要としていたようです。
博物館にもそのことを示す当時の絵(壁画?)などが展示されていました。

右の写真は橋を造っている様子。
近くから切り出された赤みがかった石灰岩のブロックを積み重ねています。
工事にはローマの兵士や囚人がかり出されたそうです。

さあ、橋に向かいましょう。

 

受付施設からの道は、橋の下層を渡ります。道からは二階建ての橋に見えます。
川のほうを見ると、三階建てになっています。

 

橋のたもとまで来ました。
この車道は1743年から47年にかけて造られた橋で、アーチは水道橋に合わせています。
この橋が出来るまでは、水道橋の下層を渡っていたそうで、
大砲を運ぶために中層アーチの柱が厚さ1/3も削られたそうです。

車道橋は水道橋に接して架けられており、欄干はそれほど高くはないので、
乗り越えれば水道橋の本体に行くことも可能です。
このため、それを防ぐように、
「モニュメントには立ち入るな。欄干に登るな」という掲示が
橋の入口の欄干に取り付けられていました。右の写真です。
 
  

川を渡って右岸側へやって来ました。
左の写真の左下の欄干部分に、上で紹介した注意書が見えます。
中層部のアーチの柱に見える石材の出っ張りは、工事中の足場の支えに使ったそうです。
車道は下流側へ続いているので、そのまま下流へ向かいます。
橋の全貌が見えてきました。残念ながら天気が良すぎて逆光です。



広い河原に降りると、橋の全体像が見えました。
下層は6個のアーチがあり、長さ142.35m、高さ21.87m。
中層は11個のアーチがあり、長さ242.55m、高さ19.5m。両端のアーチは木立に隠れています。
上層は35個のアーチがあり、長さ275m、高さ7.4m。左側の3個のアーチは隠れています。
建造時の上層には47個のアーチがあり、長さは490mもありました。
写真でも、右側が欠けているのがいるのがわかりますが、中世に壊されたそうです。
最上部からの高さは48.77mになります。

当時の橋としては下層、中層のアーチが大きく雄大です。
下層部でいうと右から2番目、ガルドン川の流れをまたぐアーチが最も大きく、
幅は24.5mもあります。

しかし、こちら側から見るポン・デュ・ガールは、
18世紀に架けられた後付けの橋が下層部に重なっています。
建造当初に近い姿を見るためには上流側へ回る必要があります。
公式パンフレットの表紙も、上流側からの空撮写真が使われています。